読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

誰かの喜びの記憶につながることを仕事と言う

Quest 経営 経営-チームビルディング

f:id:profeels:20170118221150j:plain
かつて、これほど「働き方」が問われた時代があっただろうか。



そんなキャッチコピーとともに送られてきた資料は、尊敬する佐藤芳直さんの「人財化セミナー2017」の案内だった。



・働き方改革
・過重労働問題
・ブラック企業
・人手不足
・仕事のAI化
・企業内保育
・プレミアムフライデー
・賃金格差
・短時間労働者年収の壁



など、今をときめく?キーワードが並ぶ。
そしてどんな時代にも変わらない原則、仕事とは「使った時間が、誰かの喜びの記憶になること」だと、佐藤さんは言い続けられている。



誰かの記憶に残る。


これが中々難しい。
もしあなたが「誰かの仕事」を思い出すなら、そこにはきっと怒りや喜び、悲しみ、楽しさと言った感情と共にあるはず。



つまり記憶とは感情なのだ。



そして記憶に残らない仕事をするくらいなら、激怒されても記憶に残ったほうがいいとさえ考える。
そのくらい真剣であれ、ということ。



そして「だれかの喜びの記憶につながる」とは「当たり前の仕事にプラスワンを加え続けること」と思う。



もし自分がお客さんならどうすれば喜ぶか?


そんな視点をもって工夫を続けることにある。
相手の期待を超え続けるというコミットだ。




そのために



自分の価値観というリソースをパフォーマンスに変える。
可能性に氣づく。
自分の蓋に氣づく。



という、視野を広げ続ける必要がある。


俺はこの氣づきが溢れる「場」を作りたい。



理念を持って始める10年目の再出発。
倒れるくらい仕事をしたい。


syw-jinzaika.com

いやん、体が勝手に…

Quest Quest-学習・自己啓発

f:id:profeels:20170117234038j:plain

ザス!


シンデレラ更新ざす。

ここでは時計の針も何かに
追われて早く過ぎていくから…


てか、理念にアンテナたちまくりで…
今日はコンサルさん他スタッフさんと涙流しながら未来討論してました。




ま、泣くのはいつも私ですがw




なんでだろうね?
泣こうなんて一切思ってないよね?
震えようなんて思ってないよね?


なのに体が反応する。




その反応=想いを宝物に、ヒントに…
もっともっと素晴らしい世界を作ろうと決めた一日。


確かに今いる場所はあまりにも
狭くて心の羽根を伸ばせないかもしれない。


でも!



夢 空 愛



そんな言葉が胡散臭くないくらい
ピュアな気持ちで真っ直ぐです\(^o^)/



明日も良い日旅立ち。
今日より、明日。明日より明後日。



一歩一歩進みましょう😁

なぁ?



引用:石井竜也さんの
WHITE MOON IN THE BLUE SKYの歌詞


digital-signage.hatenablog.jp

言語パターンを解読せよ

Quest Quest-コミュニケーション

f:id:profeels:20170116222122j:plain
言葉の予防線。



「うまくいきくかわかりませんが」
「よくわかりませんが」
「とりあえず、一応」
「むずかしいですが」
「やったことないですが」
「よく分かってないんですが」





こういう言葉をよく聞く。
そして厄介なことに”何となく”使ってしまう。




本人の潜在意識では、
「きちんと出来ると思うけど、今は自信がない」
ことを相手に理解させたいワードなんだろう。




つまり自己防衛なのだ。




でもこういった言葉を使っていても怒られる時はあるだろうし、上手く行かないことだって有る。





似たようなケースで、



「◯◯した方がいいよ」というフィードバックをすると


『◯◯だから◯◯』という、◯◯に入る状況や言葉は違えど決まった構文で返させることが有る。
そういう、相手の言葉のパターンに着目すると、まるでマジックのように相手の反応が分かってしまう。


先に相手が言うであろう言葉を紙に書いて置くと、かなり的中するレベルだ。





つまりパターンなのだ。



自己防衛もパターンも。
本日まで生きてきた人生が紡いだ最善のホメオスタシス。
それはつまり、逆に言えば、その言葉を使っている限り、作り出される現実も同じなわけだ。



自分が「攻撃された」「避難された」「責められた」と思った時に応酬として紡ぐ言葉。



これこそ、まずは変えるべきパターンなのだ。
なんせ学びはフィードバック。



自分がどんな言葉を使っているか。
◯◯と言われた時(感情に圧がかかった時)に出す言葉。
これに注目して、違うパターンをインストールしてみる。




自省を込めて、今意識したいこと。




「でも、だって」…
まずこの言葉が出る人は、要注意だ。