読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

【デザイナー必見】画像素材が年間99ドル「GraphicStock」

f:id:profeels:20170108215540p:plain
デザイナーさんだけでなくブロガーさんも画像素材には困りますよね?
他のサイトから引っ張ってきて使うわけにもいかないですし。



現在弊社では「iStock」と「PIXTA」の定額制を使っておりまして、50,000円以上毎月支払っています。




ところがですよ、昨日Facebook広告で見かけて、氣になったのでクリックしてみたら「年間99ドルで画像無制限使用OK」なサイトを見つけたんです…。




私も色んなストックフォトを使ってきましたが、今回紹介する「GraphicStock」は最安値でしょう。



ベクトルデーター(EPS)もダウンロード可能ですし、普段使いには困らなくなると思います。



f:id:profeels:20170108215626p:plain
↑GraphicStockの利用価格 年間99ドル



f:id:profeels:20170108215549p:plain
↑iStockの利用価格 月額16,100円



f:id:profeels:20170108215554p:plain
↑PIXTAの利用価格 月額29,700円



ほとんどのストックフォトのサイトが、月額20,000円程度の中、年間で10,000円程度なんですから、驚きです。



ただ全て英語で日本語対応はされていないようです。
が、日本にむけてFacebook広告を出しているんで、日本もターゲットに入っているんでしょうね。


まぁ英語でも、画像なので意味はわかりますよね。
検索クエリも英語で入力する必要があります。


もしかすると長年続いたストックフォトの価格が大きく変動するかも、なんて思いました。



GraphicStock - Friend Offer
↑登録はこちらからできます。クーポンが利用できるようです。




ほかにもビデオ素材が年間150ドル音素材が年間99ドルと、安すぎでしょ…

f:id:profeels:20170108220316p:plain



videoblocks.refr.cc



しばらく使ってまたレビューを書きたいと思います。
よい連休をお過ごし下さい。

成長とは世界が拡がることだ

f:id:profeels:20170107221542j:plain

人が成長する。
俺がとても大事に思うこと。



でも今の日本に蔓延している「成長の定義」ってなんだか、「変わる」ってイメージがあるんだよね。

だから新しいツールや手法がゴマンと有るし成立している。


俺がセミナーオタクになったのも、ここに原因ある。


「何か変われる」なんていつも思ってた。



実際は違う。
成長の本質とは「氣づき」だ。



だれも最初は小さな明かり。
照らせる範囲も狭いものだ。


それを世界と認識して、その中でやりくりをする。


でも成長するにつれて、広範囲を照らせるようになる。

つまり成長すれば世の中は広がる、ということでもある。

f:id:profeels:20170107214550j:plain

でも、もともと「最初から全てあった」わけだ。

誰にも等しく、この暗いろうそくのまわりには、明るい世界があったわけだ。


ただ、それに氣づけなかっただけ。


だから成長とは氣づくこと。
そして俺はそれが嬉しい。


自分が大事にしている「輝く人がもっと輝く」とは視点が広がり新しい可能性に氣づくことでもある。


そしてそれはお客さんだけじゃなく、スタッフも家族も、自分に関わるすべての人がそうなって欲しいと思ってる。


アインシュタイン博士もスティーブ・ジョブズも坂本龍馬も、当然、人間だ(笑)

でも、いわゆる成功者や偉人と言われる人は視野、世界をどんどん拡げたんだろう。


ただ、彼らが宇宙に行きまくったとか、なにかを極端にやったわけじゃない。

当たり前のこと、やらなければならない事を、人の数倍こだわった=ロウソクの火力が上がったんだと思う。


最初のロウソクの火力の時には、明るい世界のことは知らない。


だけど「この暗闇は、本当はもっと広い世界があるはずだ」というビジョンを持っているか持っていないか。
信じているかいないか。


そこが大きな違いになったんだと思う。



スタッフが辞めるという。

以前の俺は、会社が貴方にどんなに期待していたか、会社がどれだけ貴方に投資したとか、正直そんな心持ちで「チクショウ」と思ってた。


社長ならわかるよね?
逆の立場で考えてみろよ、といいたくなるよね。



でも、いまは違う。
単純に情けないんだ。


もっと可能性に氣づかせてあげられたのに。
貴方をもっと輝かせてあげられなかった自分が情けないと思う。


こうい現実がイチイチ教えてくれる。
氣づかせてくれる。


人間って、氣づかないもんだよね。


だから氣づきを大切にする会社、可能性を諦めない会社をしっかり作っていきたい。
そこには「教育」がとても大事だと改めて決意した。




大丈夫。ろうそくの火を分け与えれば、炎は減らない。

最初のお客さん覚えてますか?

f:id:profeels:20170106221918j:plain
思えばこうやって、ここまで来たなぁ…。


ん?あ、いやね。
今日、自分がサラリーマンとして社会に出たての頃、最初に可愛がってくれたお客さんがやってたお店の近くを通った。


今は無いんだけどね💦
違うお店が入っている。


でも思い出すんだよなぁ…
何もできない自分が、なにか役に立とうと暗中模索しながら頑張ってたときのこと。
そしてそんな俺を可愛がってくれた。

なのに、少し覚えると得意気になって生意気だったなぁ、と。



それから月日は流れて、もう16年…



今は誰のお役にたとうとしているんだろう?
ともすれば、支払いをすることに迫られて、お金に偏重してしまうことも多々ある。



最近、ずっと考えてたわ。
そして、少しずつ、わかりはじめたマイレボリューション…




俺は世の中を明るくしたいって思っている人の応援がしたいんだと。




夢を持つことは大切だ。


・家をかって家族と楽しく過ごす
・いい車に乗る
・年収◯◯円
・旅行はどこそこ


安直に言えばこういうのも夢だろう。



ただ夢には求心力がない。
なぜなら、自分のためだからだ。


その夢が外に向かった時、それは「志」となる。
つまり一灯照隅、誰かのために頑張りたいとおもうこと。


そもそも社長には夢があるし、志がある。
だから起業したろうし、大変な仕事にも愚痴言わず誰よりも頑張る。


ただ、それが金銭に追われると、いつしかライフワークがライスワークになってしまって、夢とか志とかを忘れてしまう。
初心忘るべからずとはこのことだろうか。



だから、そんな「輝くべき人」が「もっと輝く」ために、ブランディングや集客サポートをしたいのだ。
そうして輝く人が増えると、世の中も輝き出すと信じている。




あなたの最初のお客さんになってくれた人を覚えていますか?



あのとき、もっと知っていれば…
あのとき、もっと視点が広ければ…



さて


あなたは何のために仕事をしますか?
または、誰のために?




俺にもこれからもっと、想いをもったビジョナリストとの出会いがあると思う。
そしてあなたが輝けば、俺も輝く。



だからあなたをもっと輝かすために、もっと学んでベストを尽くします。