岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

屋外の既存看板がデジタルサイネージに変わっていくと…ちょっとどうだろ

f:id:profeels:20170323221601j:plain
IoTという言葉がさかん。
モノのインターネット化なんですけどね。



今までの物がインターネットに繋がる。
そして新しい可能性が生まれる、まさに温故知新なのだよなぁなんて考える。



看板がインターネットに繋がるとデジタルサイネージ。
だからUSBでの放映はデジタルサイネージとは言えないだろう。



インターネットで集中管理できること。
ますます移動しなくてもビジネスが出来る時代。



あ、これからは「移動は贅沢」になるんかな。



たとえば対面での打ち合わせをするときも、メールや電話で済むようなことは無くなり、「会う必要がある時」に限られるとすると…
会う必要のある時ってなんだろうなぁと考えると…



…謝罪が真っ先に思い浮かびます(汗)



同じように、今までは家や車などを所有することが豊かな時代でしたが、車離れやエアビーアンドビーが盛んな今、所有からアクセスできることが重要になってくる。
そこにビジネスのヒントがある氣がするよね。



デジタルサイネージの屋外用も問い合わせを頂きますが、結構派手な動画とか溢れてくると条例などで本格的に規制されるでしょうね。
道路交通の安全を阻害するおそれのあるものや景観を損ねるものとして。



そうなると屋内用がいいのかね?とか。
商品の購入時点のPRとしてのPOPの役割が効果的だとか。



いろんな疑問や妄想が膨らみます。



いずれにせよコンテンツありきなのは間違いない。


うーん、考える脳みそが残ってないや。
また明日!




messe.nikkei.co.jp

小さな会社の業績は社長の氣分で決まる

f:id:profeels:20170322221941j:plain
中小企業・零細企業の業績を決めるのは、100%社長が良い氣分で仕事を出来ているか。



そんな話をしてくれたのは顧客リピート総合研究所株式会社の一圓克彦さん。
今日は岡山で開催された講演を聞きに行きました。



リピーターをどうやって増やすかを専門にされているコンサルタントですが、話の随所で語られる、経験に基づいた法則が3時間を忘れさせてくれるほど素晴らしい内容でした。



その中で特に強く感じたのが冒頭の「社長の氣分」



社長が機嫌悪いと会社中に負のオーラが蔓延します。
つまり汚染源ですわね。


それは儲かってないから氣分が悪いのか、氣分が悪いから儲かってないのか。


多分両方でしょう。
思い当たりますし、大きく頷ける。



だからせめて、どうやったら氣分がよくなるのか、示す必要がある、とも感じました。



それはつまり「ビジョンや理念」
またか、と思いますが、そんなに難しいことではなく、つまり社長が嬉しいと思うことを明示すればいいんだと思った。



これをお読みの皆さまで、自社の社長がどうしたら喜ぶか、即答できますか?





今日の学びは、経営なんてとてもシンプルだと思った。



なんか、難しくしすぎていた氣がする。
肩の力を抜いて嬉しいことをやる。



やれ周りをみれば「○○する方法」や「売上10倍○○」なんてメソッドがあるが、セミナーや勉強をするという裏には「今幸せでない、欠乏感」から来ている場合が多い。


つまり意識的に「学ぼう」としている限り、成長できないんだと思った。


ふと、腑に落ちた。
やたら。


ameblo.jp


なんか『こうあるべき』という誰の言ったか知らない理想論を守ろうとすると、ちっちゃくなっちゃうね。



もっと笑っていたいものです✋




ichienkatsuhiko.com

ホームページにFacebookのタイムラインの掲載をおすすめしない理由

f:id:profeels:20170321174823j:plain

間違えなさんな、
今日は火曜日ですよ。
今週もよろしくお願いいたします。



さて……ホームページ(TOPページ)にFacebookやツイッターのタイムラインを大きく掲載して下さい。
そのような依頼を頂くことがあります。




『更新はFacebookでやりますから』




よく聞きます。
確かにツイッターやFacebookは気軽に投稿できるスグレモノ。
タイムラインもプラグインなどですぐにホームページに実装できます。



ところがです。



Facebookやツイッターを見せたいならホームページいらないんじゃ?
天邪鬼の私はそう思います。



だって「○○ 地名」などの検索順位を氣にして「SEO対策」して頑張ってせっかく流入稼いだとしても、FacebookのプラグインをしてFacebook自体に飛んでしまったらどうなります?


f:id:profeels:20170321174233j:plain



きっとこの状態なら、俺なら先に自分宛てのメッセージや通知を確認するよ。
そして本来の目的を忘れて、「あのページどうやって見つけたっけ?」なんてなる氣がします。



全てがそうとも言えませんが、SNSは設定次第では検索対象外だし、そもそもメインサイトに誘導するツールくらいの役割で考えておいたほうがいいです。


時々Facebookにめちゃくちゃ長い文章載せてる人も見ますが…即閉じます✋



ブログもSNSもそれぞれ役割がある。



だからホームページの中にSNSがあるって、なんかおかしくないですか?



そういう点を考えてホームページの設計をしたい。
たとえ間違ってたとしても、仮説を検証できることは大切です。


ご参考までに