貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

「儲かる社長」と「ダメ社長」の習慣

自戒を込めて読みました^^; 日本政策金融公庫にて26年間、融資担当として勤務され、 三万人以上の社長に融資審査をされた著者、上野光夫さんの視点で、 儲かる社長とダメ社長の特徴を、50の項目で 解説された本です。

さすがに26年も勤務されると、プロフェッショナルとして 色々な観察眼が養われるのでしょう、 具体的なことから、抽象度の高いことまで、 結構頷ける(=耳の痛い)内容でした。

例えば 「儲かる社長はワンマン経営」で「ダメ社長はチームプレー重視」 という章があります。 もちろん比較的社員数が少ない時に、という条件付きですが、 ここでいうワンマンは、スピード重視のためなんですね。 そのために、社員との意見交換の場所はしっかり設け、 決断は社長が行う。 これは確かに大切なことだと思います。

また「儲かる社長はモノマネ」し、「ダメな社長はオリジナリティを追求する」 うーん。 いま、一生懸命オリジナリティの追求をしようとしているぞ…。

というように、今の自分をはかる、 ものさしとしても楽しめる一冊です。

一時間位でサクサク読めますが、しっかりした内容です、 そして身につけたいパターンも幾つか見つかったので、 一つでも実行していこうと思います。