貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

世界一受けたいお金の授業

ようやく節分。 そして明日は二十四節気立春」 2/4の7:03、旧暦正月、寅(とら)の月の正節で、 天文学的には、太陽が黄経315度の点を 通過するときを言うようです。

私にとっては難多かった 五黄中宮の八方ふさがりを脱する時。 今年は乾宮で、天の恵みを授かるはず!! そう期待しております。

さて今回読んだ本は 「世界一受けたいお金の授業」。 著者は和仁達也さん。聞き覚え有る名前だなぁとおもっていたら、 以前、神田昌典さんのオーディオブック 「社長のように考える社員を育てる方法」で、 オープンブックマネジメントについて 対談されていたのを聞いておりました。

この一冊を通して学べることは

・よいお金の使い方、悪い使い方 ・新聞記事や日本経済にも応用でき、世の中の  お金の仕組みが分かるブロックパズル ・飲食店などの儲けを10分で見抜く方法 ・物事をマクロ軸、ミクロ軸で見る方法

などですが、終始出てくるブロックパズルは 経営者でなくても理解しやすいと思います。

blockpuzzle ↑こんなやつ

とっつきにくかった新聞の経済の記事も なんとなく分かりそうな気になる一冊です。