貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

5年で売上2倍の経営計画をたてなさい 小山昇さん

株式会社武蔵野の社長、小山昇さんの本です。 この本から、経営目標のたて方(具体的な方法)を学ぶことが できます。 これは武蔵野が行っている実践経営塾の「経営計画作成合宿」で 行っておられることの一部だそうで、 2倍というコミットに多くの参加社長が戸惑われるそうです。

役に立ったキーワードを幾つか抜粋します。

・敵は時代。時代は動いている。つまり「変わらない=安定」ではなく、  「変わる=安定」 ・国内に98万台あるコカコーラの自販機の中で、実際にはコーラは1本、2本程度。  あとはコーヒーがメイン=コカコーヒー。 ・「投げたボールは必ず落ちる」 ・目標をたてることで生まれる、現実との差を「対策」する。 ・1万円の購入単価を2万円にするより、1万円のお客様の数を増やす。 ・中小企業が目指すのは「地域ナンバーワン」「商品ひとつでもナンバーワン」になること。 ・新規事業の8割は失敗するもの。2割成功したら御の字。 ・じゃんけんでもなんでも、常に仮説をもつ。 ・鉄砲ではなく弾を売る。(定期購入) ・利益が出た時のお金の使い方  1・お客様の数を増やす  2・社員教育  3・インフラ整備  4・経常利益 ・使う予定がなくても借金したほうがいい。無借金経営は避ける。 ・25%の法則  商品・サービスの25%が5年以内に開発した商品  お客様の25%が5年以内に新規開拓した顧客  従業員の25%は5年以内に採用した人材 ・販促費は「売れる商品を更に売れるようにするため」、「売れ筋商品の売れ損じをなくす」  ために使う。 ・中小企業は優秀な人が働いているから成果が出る、のではなく、  価値観が同じ人たちが働いているから成果がでる。 ・たくさんの事を教えるより、一つのことを繰り返し教える。

小山さん、良い本をありがとうございます。 いくつか実践します。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+- さて、今日は11年ぶりのお客様に会ってきました…。 11年前、25歳かぁ…もっと動いていたような気がするな… 時の感覚を久々に実感させられました。