読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

二者択一話法とは?

f:id:profeels:20150827060557j:plain


「貴方おかえりなさい。
ご飯にする?お風呂にする?」

※ここでは「それとも…○○にする?」ってのは省略笑


こう言われると、この2つの選択肢から、
選ぼうとするんですよね。なぜか。

テレアポなどの実践書等にも、
「今週と来週、どちらが都合がいいですか?」
という聴き方を推奨しています。

二者択一話法と
呼ばれていると思います(多分)

  • お伺いしたいのですが、今週と来週とどちらがご都合よいですか?
  • 来週前半と後半、どちらがご都合よいですか?
  • 月曜日と火曜日ならどちらがご都合よいですか?
  • 午前中と午後ではどちらがご都合よいですか…?

…少々くどいですが‥^^;


人は考えることに物凄い労力を使うので、
一日の仕事を終えて疲れきった時や、
仕事がたくさんあって、軽いトランス状態に
なってる時に与えられる選択肢は効果てきめんです。


これとは少し異なりますが、
「コンシャス=アンコンシャス・ダブルバインド」
というテクニックも有ります。
石井裕之さん著書参考)

  • A:意識してできること
  • B:意識してもできないこと

少し頑張ればできる「A」を
ベビーステップとして、
意識的には制御しにくい「B」を
活性化させるというもの。

「あと1時間頑張ってみましょう(A)
そうするとみんな認めてくれるかもしれません(B)」

「散歩に行きましょう(A)
気分が晴れやかになりますよ(B)」


コミュニケーション上手な人は、
普段何気なく使っているかもしれませんね。


まぁ意識的につかうとあれですが、
知っておいて損はないと思います。


※NLP(神経言語プログラミング)の
ミルトンエリクソンの言語で習った
ダブルバインド「二重拘束」は、
矛盾した2つのメッセージを与え、
相手に選択の幻想を与える。
相手がどちらを選択しても自分の中に
入っている。…だったと思います。



営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する


中村信仁さんの「営業の魔法
」に、二者択一話法や「推定承諾話法」に
ついて書かれていたと思います。


☆クエスト☆
もし限定的選択肢質問を受けたら、
どうやって切り返しますか笑?