読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

折込チラシの効果は?

後でやろうは、バカヤロウ。

ということで、今日から

はてなブログを使うことにしました。

引き続きよろしくお願いします。 

 

さて、今日は折込チラシについて考えてみました。


広告会社側の私、

お客様から折込チラシの依頼を受けるときに、

 

  • 折込チラシの効果が下がってきた
  • 新聞とっている人が少なくなった
  • 折込チラシは見てない

…色んなネガティブ系の声を聞くことが増えてきましたね。

 

ならチラシやめようや!!!

 

とも思いますが…しかしちょっと待った。

 

国内の総広告費が6兆円とちょっと。(まぁテレビが2兆ほど)

そのうち2014年にネット広告が1兆円を

「やっと」突破。私からしたら、やっとって

感じですが、スマホが超普及しつつある今、

これからネット広告費が下がることは無いだろうね。

 

f:id:profeels:20150807164318j:plain

ところでこんなグラフがある。

2013年の総務省のデータで、

「年代別新聞購読率・インターネット利用率」

確かに30代まではほとんど新聞読んでないよね。

実は私も…(日経新聞電子版はたまに見る)

でも60代以上の方はまだまだ見てくれているメディアです。

ということはですよ?

60歳以上がターゲットの商材・サービスなら、

チラシがまだまだ効果的じゃないですか?

 

 

折込チラシは最近ネガティブに

考えられていると言いましたが、

商材によって使う広告媒体をしっかり考えていないから、

広告にストーリーが盛り込まれて無いからじゃありません?

 

60歳以上がターゲットのもの…

何だろ?いわばシニア層。

 

ほら、旅行とか!!

うちの親父は未だにチラシをたたんで、

事あるごとに見てるからね。

 

他にもたくさんあるよ。

健康関連や学び事なんかいいよね。

シニアパソコンスクールなんて、

地域密着で、そのチラシのデザインに、

パソコンを覚えることでできること!って書いて、

「孫との旅行の写真整理」なんて入れたら

ヒット率上がりそうじゃありませんか?

 

なんておもいます。

 

ユニクロ見てみ。

まだ昔感が漂うチラシが、変わらず折り込まれているよね。

そして、そのチラシを見た人がネットを見た時、

ネットからそのまま購入できるようになっとる!!

 

若い人にも年配層にも配慮されとる、さすが。

 

 

ということで、「むやみに」「昔の成功体験感覚」から

チラシを打つのは止めましょう。

 

代わりに、そのチラシを見た人がどんな行動をするか、

ユーザーの気持ちになること。自分事で考えて、

その流れをデザインすること。


そんなお手伝いができることが、

私のお仕事です。

 

chirashi.uniqlo.com


今日も今日とてブログは続く。

★今日のクエスト★
はてなブログの機能を堪能する♪