貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

自社商品の伝え方を工夫するには?

f:id:profeels:20150915065040j:plain

難しいことをわかりやすくつたえる。


これはどの業界でもテーマの一つでは
ないでしょうか。

  • 商品説明
  • 後輩への指導
  • お客さんへの情報提供
  • 仕事の依頼


アインシュタイン博士が
残したと言われる名言で

6歳の子供に説明できなければ、
理解したとは言えない。

なんてありますが、
人に上手につたえることは
努力
だと思います。


f:id:profeels:20150915065143j:plain

たとえば、
「秋といえば?」
という質問に対しても、

  • 食欲の秋
  • 紅葉
  • 衣替え

いろんなkeywordが浮かんできますが、
それは人それぞれの背景や経験が
違うから当然でありますね。


そこで、いろんな人に、
本質をつたえることとは、
努力であり、相手への思いやり、
大げさに言えば愛だと思う
わけです。


最近、ビジネス雑誌Presidentの
漫画版「PRESIDENT NEXT」の定期購読を
始めました。
160Pほどありますが、ほとんどマンガなので、
1時間もあれば読みきれます。


最近「漫画でわかる!」系の書籍が
増えているように感じますが、
そこに本質があるんだと思います。


つまり情報が氾濫していても、
キャッチできる量は増えていない


だからまとめ系サイトや
マンガでわかる!系のコンテンツが
増えているんだろうなぁと
思います。


自社のサービスをわかりやすく
つたえるため、どのような
努力ができるだろう?


そんなことを考えている朝です。



今日もお読みいただき
有難うございます。


★今日のクエスト★
自社のサービスをマンガ化できるか考える。