岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

相撲懸賞と広告の話。

f:id:profeels:20150922081727j:plain
右下の人ビールいい感じ♪


昨日から東京に来ております。


両親に相撲を!と思い立って
ヤフオクでマス席を購入。
国技館で遠藤後の取り組みを
見ました。

遠藤見たさに来たのに…爆


さらに、お茶屋さんを通さないと
お土産はもらえないらしい…


※お茶屋さん
相撲案内所 - 東京・国技館でのお世話をいたします


色々勉強になりますorz


ネットが便利になると、
ついついチケットはヤフオクで!なんて
考えがちですが…正規ルートに
勝るものは無いでしょう。


少し時間短縮に偏りすぎて
痛い目を見ました。



さて、国技館とて広告の話。


あの取り組み前にだされる懸賞。

2014年(平成26年)5月場所以降、
幕内力士の場合1回の取組で1本につき6万2000円が
協賛する企業・団体から提供される。

懸賞金6万2000円のうち、5300円は日本相撲協会の
事務経費(取り組み表への掲載費、会場内の
懸賞提供アナウンス費及び…
勝利力士は勝ち名乗りに際し懸賞1本当たり
手取りで現金3万円を受け取る。出典:wiki


横綱の取り組みだとずらーって
30本ぐらい付きますよね。


最多は51本で、平成18年9月場所千秋楽の
朝青龍と白鵬の取り組みだとか。

1勝負で150万以上のボーナスなんですね…


で、あの懸賞を出している企業さんで
相撲をあまり見ない人でも、
「永谷園といえば相撲っぽい」
と、頭のなかにブランドができているんじゃ
ないでしょうか。

ほんとは逆ですよね?
相撲といえば永谷園狙いでしょうが…。


企業のステータス寄りの広告とはいえ
NHKで全国放送されると考えると、
コストパフォーマンス良さそう!


これは現場で見た
率直な感想です。



しかし放送では懸賞アナウンスが
カットされるそうな…。


アナウンスは懸賞本数によって
変化するそうで、昨日は
高須クリニックさんのアナウンスで、
「Yes!Yes!Yes!高須クリニック」
YESが三回繰り返されたので、CM以上に
記憶に残りました。



また、あの土俵の上でもって回られるものは、
懸賞旗って言うそうですが、
デザインも色々。


サラリーマン金太郎でお馴染みの
本宮ひろ志さんの『喝風太郎!!』の懸賞旗が
でたときは目を引きましたね!


そのうち懸賞旗もデジタルサイネージを
持って回られる日が来る


そんなこと考えておりました(笑)


野球やサッカーにも
スポンサーが付きますが、
企業の宣伝としては効果が
あるからですよね。


じゃ
将来伸びそうなアーティストを
発掘して後援する!とか、
既存の広告枠を買うだけでなく
やろうと思えば、幅広い可能性が
ある
よなぁ…


せいぜいそのくらい思いついた
一日でした♪



今日もお読みいただき
ありがとうございます。


★今日のクエスト★
相撲懸賞の歴史を深掘りする。




広告制作のご依頼は…
ヤマト広告株式会社(岡山・広島)
designあっとまーくyamato-agency.com
電話:086-805-8080
書いている人:馬庭直人

必見
NJE理論ブログセミナー開催!in岡山開催

11月11日(水)予定

随分先ですが、告知。
ブログで人生変えたい方!今から空けといてください。
講師はこの方→板坂裕治郎さん