読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

キンモクセイの咲く頃に…。

Quest

f:id:profeels:20151012195042j:plain
画像:wiki


GooglePhotosが便利。


撮影したデータを放り込んでおくだけで、地域で検索できたり、日付でソート出来る。しかも無料というから驚きです。今までiCloudを使っていましたが、GooglePhotosに同期したら、さっさとiPhoneから写真を消すことにしています。


過去の同じ日付に何をしていたか、自動的にイベントを作成して教えてくれたりします。最近Facebookでもこういう機能を目にすることが有りますね。


そう考えると、1年なんてあっという間ですが、10年経ったら随分景色が変わったなぁ~と思うわけです。こんな時にいつも思い出すのが、NLPやコーチングの世界的権威、アンソニー・ロビンズさんの言葉で、

「人は1年でできる事を過大評価しすぎる。そして10年でできる事を過小評価しすぎる。」


確かになぁ…。
毎年元旦には「よぉーし今年は!」なんて目標をたてるけど、1年単位でみると、まぁその程度。しかし、10年前の自分と比べると、ほっほぉ~、そんな変化をするんだね?!なんて思うわけです。


もし10年後の自分が、今の自分を見たらなんて言うでしょう?どんなアドバイスをするのだろう?よく「目的地の決まっていない飛行機には怖くて乗れない」、だから人生には目標やビジョンを持ちましょうなんて自分でも言っていますが、果たしてどうなんだろうって思うこの頃。


ビジョンは大切ですが、思い通りに行かない、不確定な日々を、それはそれで一生懸命もがく、その事自体に価値があるんだと思うようになりました。


毎年キンモクセイの咲くこの季節、自分の中ではとことん自分を見つめる時期のようです。この三連休は、そんなことを自宅で悶々と考えておりました。そして日記もブログも写真も。自分を観察できる、その時のことばで残すことの大切さを、改めて思います。


しかし、便利になったよなぁ…昔の紙の写真をすべてスキャンして保存していますが、2歳の頃の自分も、今もなんとなく一緒!と思えるから不思議。当たり前だけど…。




明日からまた顔晴ろう。


今日もお読みいいただき、
ありがとうございました。



★今日のクエスト★
なし!!

www.google.com


blog.maniwanaoto.com

blog.maniwanaoto.com