読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

ストックフォトサービスと定額制ビジネス

f:id:profeels:20151124075629j:plain

Illustratorやフォトショップで
おなじみのAdobe社(アドビ)が
定額制のストックフォトサービスを
始められたようです。


このストックフォトサービス、
2007年ごろからドンドン参入する
企業が増えてきましたね。

ShutterstockやiStock、
amanaimagesやフォトリア。


なんとPIXTAさんも
定額制を導入。PIXTAさんは
国内の写真に強いので、他の
サービスとは違うセグメントで
戦えるんだと思います。


昔は素材辞典などのCDが
出るたびに買ってましたが…。


しかしこういうサービスは、
1社で事足りるものです。


だから


携帯キャリアや、マイライン(古っ)の
乗り換えの時のような、値下げや
メリットを打ち出した
乗り換えキャンペーン戦略が
これから激しくなっていく
でしょうね。



そしてデジタルデータはドンドン
定額制に移っていくのでしょう。


以前、ロングテールという概念を
打ち出したことで有名な。
クリス・アンダーソンさんの、
「Free」という書籍を読みました。


違法アップロードに困っていた
モンティ・パイソンが
それなら、ということで、
動画配信サービスに高画質版を
アップしたところ、
売上は230倍になったとか。


やっぱりコンテンツホルダーの
本家本元には敵いません。


そして、劣化せずにいくらでも
コピーできるデジタルデータ
ならではの販売手法が、
これからますます極まって
いくのだと思います。


セミナーもオンラインの
ウェビナーと、実際に会場に
いくプレミアム版、そのような
マネタイズや配信方法も
盛んになってきています。


その後はDVD販売や
オンライン上でのサポート。


もし自社のビジネスでコンテンツを
お持ちなら、定額制にできることを
考えてみるといい
かもしれません。


今日もお読みいただき
ありがとうございます。


★今日のクエスト★
ストックビジネスについて学ぶ。

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

  • 作者: クリス・アンダーソン,小林弘人,高橋則明
  • 出版社/メーカー: 日本放送出版協会
  • 発売日: 2009/11/21
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 133人 クリック: 3,796回
  • この商品を含むブログ (536件) を見る



追伸:
無料でも優れた写真素材はありますよ!
いつも使わせていただいております。


www.pakutaso.com

pixabay.com

photomarche.net

www.photo-ac.com