貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

顧客を知っているか?

f:id:profeels:20151215133237j:plain

今週はお客様に年末のご挨拶回り。


カレンダー(三連・卓上)をもって、
顧客名簿を握りしめちょろちょろと
動きまわっております♪


数年前まで「どのお客さんが」「何回くらい」
「どのくらい」買ってくださっているか、
把握すらしていない体たらく。


ある本で読んだのですが、
江戸時代の商人は、この顧客元帳を
とても大事にしたとか。


「火事と喧嘩は江戸の華」というくらい、
火事が多かったのでしょう、
そんな時商人は、顧客台帳を
井戸に投げ込んで難を逃れていた
そうです。


濡れて読めんやろ!

…ということはなかったようです。
特殊な紙で作るくらい、
大切にされていたんでしょうね♪



以前も書きましたが、売上は
「顧客数」「購入単価」「購買頻度」
成り立っているよね。


であれば、自社のお客様がどのくらい、
何をどのくらい買ってくださっているか、
経営者なら即答したい
ね。


月次業績を損益計算書の営業利益だけで
判断しとったらダメです。


顧客数が何社か。
即答できますか?


今では顧客管理ソフトは
かなり充実しています。


買ってくださったお客さんの
順位も瞬時に出せるから、


せめてその上位10社は
暗記できるまでになりましょう。


だってそのお客さんのおかげで
ご飯食べられている
んですから。


営業マンの接待傾向みてても、
「自分とウマが合うか?」
を接待実施基準にしている人もいますが…


自社にとって本当に大切な
お客様は誰か。

ここはっきり理解しよう。


そして、その人を幸せにすることで、
自社の存在価値も高まる。




といことで後半戦行ってきやす♪



今日もお読みいただき
有難うございます^^



★今日のクエスト★
今日は特に安全運転

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_
広告制作のご相談は…
ヤマト広告株式会社(岡山・広島)
designあっとまーくyamato-agency.com
電話:086-805-8080
書いている人:馬庭直人