岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

無難と有り難い

f:id:profeels:20151216094444j:plain

一時期、人と自分を比べる時期があって、
Facebookのタイムラインなどでの
他人のリア充?を見るのが大嫌いな
自分がしました。


自分はもっとできる!
こうあるべき!


そう思ってるくせに、
やってない時に(進化感がないとき)、
輝く他の人が妬ましく思えるんだと思う。


比較は辛い、そして
比較は原動力でもある。


訳の分からないようで、
実は巧妙にできているよなぁと
思います。


つまり自分以外は
自分の意識の投影です。


犬が嫌いな人もいれば、
犬が大好きって言う人もいる。


犬は犬。


反応しているのは自分なんだよね。



だから辛い仕事に遭遇した時は、
自分の中に問題がある。


そして人間は課題の解決で
成長すると信じているから


つらい状況こそ成長の
チャンスなのじゃ?


こういうふうに考えると、
いわゆるトラブルが多い人や
波乱な人生を送った人ほど、
人間的に豊かになっていくことが
なんとなく分かる。


だから自分の中に
課題の種があるうち


嫌な上司がいるから仕事が辛い、と思って辞めたら、
また同じような状況が次の職場で起きます。


つまり自分と向き合え、と。


俺の大好きな言葉
「有り難い」と「無難」な話。


難が無い人生は「無難」な人生。
難が有る人生は「有り難い」人生。


だから今、凹みが大きければ大きいほど、
実はチャンスだぜぃ。


あー今日もトラブル歓迎です!

…と言っていたら本当に起きそうなので
この辺で。



感動、感謝、有り難い言葉、ゴルゴ少年院での魂の授業



今日もお読みいただき
ありがとうございます。



★今日のクエスト★
良質なジャズの時間を堪能する♪