読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

決断すること「リボーンアワード2015」

経営 経営-セミナー

f:id:profeels:20151221094151j:plain

「自分がなぜその仕事をするのか」


考えてみれば、今の自分が
なぜ広告屋をやっているか不思議。


高校、大学ともこの業界とは
縁もない時間。


小さい頃から絵を描くことや、
ものを作ることが好きだったか?

あまり記憶に残っていない。



それでも目の前の事を、自分なりにも
一生懸命してると、もっと
上手くなりたいようになり、
工夫がうまれ、気づいたら
その仕事が好きになっていた。



f:id:profeels:20151221100226j:plain


昨日はタイアンドギーさん主催の
リボーンアワード2015に
参加させていただきました。



テーマは「決断」



5名のプレゼンターの皆さん、
それぞれがそれぞれの境遇の中、
なぜその仕事をするのか、
準備期間に相当、
突き詰めたんだと思う。



15分の制限時間の中、
笑いあり、涙ありのプレゼンをみて



世の中にはいろんな仕事があるのに、
なぜその仕事をしているのか?

そんなことを考える時間になった。



縁のない家業を継いだり、
人の借金を背負う羽目になったり、
無職になっても成したいことに気づいたり、



案外ひょんなことから、
自分の時間を一番費やす仕事が
決まってしまう。



それはあたかも、
劇を演じているよう。



しかし、決断とは、
「決めて」「断つ」こと。


それまで演じさせられてきた役を、
本気でやるか、やめて違うことをやるか。


つまり本気でその役と同化するか、
ミスキャストに気づいて降板するか。


いずれにしても、
今までの自分の境遇・考え方を
断つと決めることでもある。


そして決断とは


「決める」ことであって、
「決まる」ことではない。


だから決断した瞬間、
他人の人生から、自分の人生を
生きるようになり、すべてを
自分事として、自分の責任と
捉える
ようになる。


いいわけできないよね。



まだまだ人のせいにしがちな自分こそ
「決断」が必要だと感じた。


f:id:profeels:20151221105549j:plain

素敵な場を作ってくださった
タイアンドギーの日高さん、
熊野さん、そして裕治郎さん、
お疲れ様でした。



相当ハードな時間だと思いました。

でも

関わるすべての人の
“人生が変わる”
そのきっかけを与え続ける!

その理念通りに経営するとは、
こういうこと
なんだと震えました。

ありがとうございました!



今日もお読みいただき、
ありがとうございます。



★今日のクエスト★
今日はSEOで東京!しっかり学ぶぜ