貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

値段のウマイ表現を勉強しよう

f:id:profeels:20160104222252j:plain

今日から仕事はじめ。
今年もどうぞよろしくお願いいたします!


岡山スタッフと毎年恒例の初詣。
今年は「商売繁盛」で検索したら出てきた
岡山神社へ。なんと神頼みな…爆



その後、最初の喰いもんくらい、
一緒なものを食べよう!と
思いついて急遽、丸亀製麺へ…。

f:id:profeels:20160104222304j:plain

運のいいことに半額の日♪
5人分で800円ちょっと。


この半額ってのに
僕ら弱いですよね笑


今回は知らずに入ったので
びっくりしたのですが、
毎月1日の丸亀製麺半額の日は、
いつも大行列ができるんです。



……
………

ところで社長♪


値決めは社長の仕事ですが、
価格の表現まで工夫していますか?


なぜ100円と書かずに98円と書くのか。

そして御社の場合、
その2円がどれだけ
経営に響くのか


FXなんかやっている人は、
この辺の感覚優れいているでしょうね。


バーゲンの時など、
9800円→5800円と言った
相対的な表現が多く見受けられます。


私たちは商品の価値を
「これはこのくらい」程度にしか
わからず、常に比較したり
相対的に判断している
もの。


だから期待していない価格帯で
驚くような上質なサービスを
受けられた時など、
ついついクチコミするし、
逆なら、理不尽なクレームに
発展
する恐れも有ります。


そしてこういった心理的な表現は
昔から中々変わりません。
それだけ真意を付いているんだと
思います。


価格や数字の表現については
他にもたくさん優れた情報が
あるので、一緒に研究しましょう♪


あなたと一緒に成長するのが
私のスタイル。


そんなわけで、どうぞ今年も
よろしくお願いいたします!!


今日もお読みいただき、
ありがとうございます^^


★今日のクエスト★
明日は朝ブログ!