読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

「仕事が消える」はスグ目の前に

f:id:profeels:20160114210553j:plain

Uberの出現でサンフランシスコ
最大のタクシー会社が破産

Uberとは

https://www.uber.com/ja/cities/tokyo



これを見た瞬間、話題になった
「10年後に消えている職業」
ヘッドラインが思い浮かんだ…。

人工知能の急激な発達によって
現在日常で行われている仕事が
ロボットに代行されることになり、
近い将来には10人中9人は今とは
違う仕事をしているだろう

Googleラリー・ペイジ氏の予測

f:id:profeels:20160114205115j:plain
画像引用:
http://think-time.club/post-880/

確かにスマホでタクシーは
呼べるアプリ、とっても
重宝しているんです。


知らない町で飲んだとき、
少し郊外で飲んだとき
(基本飲んだとき)
いつもお世話になってます。



例えば今から20年前といえば、
大学入りたて。


覚えているだけで
電話は公衆電話を使ってたし、
パソコンもWindows95で
メモリが2MB。


インターネットで変な
エロサイトに繋がって
30,000円の請求に
愕然としてたっけ。


その画像が綺麗に見れない
ものだから、友人のPCから
「メモリ拝借」したのを
鮮明に覚えている。


当時はポケベルを連打
していた記憶が強い。


その頃から言えば
携帯電話系の仕事は続々うまれ、
固定電話に関わる仕事が
段々と減ったんだろう。


時代は動いているのに、
毎日同じ景色を見ていることが
もはや安定ではなく、退化
だという例えば
ここ最近富みに耳にする言葉だ。


時代は案外、
容赦無いのかも知れない。


本当に劇的変化な
時代にいるよね


そう考えていると、
なんか今日は
言葉にし難い暗愁に
と共にいました。



今日もお読みいただき
ありがとうございます。



★今日のクエスト★
明日は鹿児島!




www.gizmodo.jp