読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

SEOでやりがちな失敗

Web Web-SEO・検索エンジン対策

f:id:profeels:20160127100449j:plain


SEOといったら
検索エンジン最適化ですが


誰のために最適化するか❔


熱中すると
そこを履き違えることがある💀


一般のお客さんが
ほんとにそんな言葉で
検索するの?
って
キーワードで1位狙っても
しょうがないよね😅


たとえば微妙な例ですが
ホームページが作りたい人


自分で作りたい人は「ホームページ作成」

依頼したい人は「ホームページ制作」


といった微妙な違いが
ありますよね。


もちろんその後に
「ホームページ制作 地名」や
「ホームページ制作 業者」といった
意図(インテントといいます)が
加わる事がほとんどなので、
意識したいポイントです。




でもよくありがちなのが
SEOの施策自体が楽しくなって
ブラックハットに近い
スパミーなSEOをしたり



同業他社さんとの
勝手なライバル意識😁


この努力は結構消耗するよ。


また


ホームページ作って
よし!Web集客だと
意気込んでいても


検索結果になかなか
上がらなければ
成果も出ない。


そんなときSEO業者さんが
上位表示を謳ったサービスの
提案があった場合


少なくとも社長、
興味ありますでしょ?


でも


その提案のキーワードが
一般のお客さんが検索する
言葉でなければ、
どんなに高額なお金
払って施策してもらっても
まったく意味ない

ということになりかねませんよ。


お客さんの言葉、
特によく聞かれる質問などに
お宝キーワードが眠っている
場合があるので
社長や営業マンが
よく知っているはず。



かといえば自社では
当たり前になっている
専門用語



これは専門用語っていうくらいだから
一般のお客さんは検索しない



よほど知名度がないと
指名検索はまだまだ先ね。


自分が他社の商品を検索するとき、
どんな言葉で検索するかを
意識していると、
自社の選ばれ方にも
気づくかもしれない
ですね。


どんな言葉で検索されているか
役に立つツールもでてますから


研究してみましょう❢一緒に😊



今日もありがとう!

★今日のクエスト★
事務処理MAX!

goodkeyword.net

www.gskw.net