読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

Googleマイビジネスのあれこれ

Web-Googleマイビジネス Web

f:id:profeels:20160209120815j:plain

GoogleプレイスがGoogleマイビジネスに変わってだいぶ期間が経ちますが、スマホなどで店舗を検索した際、Webページを開かなくても、直接電話をかけることができたりして、最近なにかと重宝しております。
(サイトを開いたら、電話番号が画像だったりしてコピー出来ないと苛つくので…)




お客様のWebサイトを作成した際に、まだGoogleマップに登録されていなければ、Googleマイビジネスをついでに設定させてもらってます。

その際、気をつけておきたいことが色々わかったので、簡単に備忘録としておきます。



ハガキを申請したあとは、住所変更など編集をしない。

実在店舗かどうかの確認ハガキを送る箇所がありますが、「コードをハガキで送る」とした後に、記入した住所や店名などを変えると、はがき発送がストップされる事がある。
私の場合、ハガキ送付後に、住所が英語表記になってたため、「編集」を押して、何度か再登録したところ、
はがきがストップしたようです。また、郵便番号の記載も含めて、住所等は正確に記入することが大切です。



前の店舗が廃業して新しく店舗を構えた場合

その場合、以前の店舗の登録情報がGoogleマップに表示されている場合、「ビジネスオーナーですか?」というところから、再編集できます。しかし、これはやってはダメだそうです。
同じ地番、電話番号でも、必ず新店舗として新規ページ作成し、ハガキを受け取ってコードを入力。その際、前の店は廃業したことをGoogleのお問い合わせから通知するようにしたほうが良いようです。



電話番号が重複すると登録できない。

ヤマト広告の中に「ヤマトサイネージ」という事業がありますが、登録しようとした電話番号が重複していると、登録できませんでした。
また、仮に電話を分けていても、社内でしっかり部署別れし、その番号はその事業部の専門の番号でないとダメとのこと。



お問い合わせがかなり充実。

他のGoogleサービスもそうですが、このGoogleマイビジネスは特にサポートがしっかりしていると思います。
Click to callで担当者から日本語での電話サポートをしていただけました。しかもかなり丁寧な応対。こっちが恐縮しっぱなしです。
そして、無料のサービスにもかかわらず、人的チェックされ、しかもかなり早い対応。これだけ厳しく管理されているので、相当役に立つサービスに成るんだと思います。



アンドロイドがGoogle提供であることからも、
これからもGoogleマップのサービスは充実拡大していくと思います。
無料のサービスは、担当者があやふやになりがちですが、
正確な登録を心がけたいと思います。



※上記は私個人の備忘録です。
間違っている場合も有りますので、その際はGoogle担当者さんにお問い合わせください。