読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

どんな問を持つか~神田昌典さん2016年岡山講演会

経営-セミナー 経営

神田昌典さん岡山講演会

昨晩は神田昌典さんの岡山講演

「2016年 これから稼ぐ方法は、こう変わる!」
に行ってきました。


200名いたせいもあってか
熱気に満ちた会場。

神田さんの言葉の全てが
示唆に富んだものばかり。


1948年の高額納税者といえば
「ミソ」や「傘」の会社だったけど、
そのわずか10年後には
ナショナルや三洋などに変わる。


時代の転換期というのは、
わずか10年で価値観が
ひっくり返る
ほど
大きな変化がアタリマエに起きるんだよね。


昨日も書いたけど自動運転、
2030年ころには実用化される見通しとのこと。



そうなると

・ドライバーという職は?
・駐車場は要らなくなる?
・事故も減って医療費も変わる?
・車を所有からレンタルへ?



色んな未来が見えてくる。
本当に時代の転換期
にいるんだと実感した。



それをネガティブに捉えるのか、
チャンスと捉えるのか


それにより会社のあり方、意味も
大きく変わるのは間違いないね。

神田昌典さん岡山講演会2

 

ところで「人間と機械の違いは?」
懇親会で、そんな鋭い質問された
神田さん、迷うことなく


「自ら問を持つかどうか」


と答えられた。


量子コンピュータの世界では
8桁のパスワードを1秒弱で
解読する。

事実Google社やNASAが購入し、
災害時のあらゆる
シミュレーションや
最適ルートの探求など、
最適化問題に取り組んでいるそうな。 

f:id:profeels:20160213155810j:plain

そんな高性能な機械や仕組みが
バンバン出てきて
今まで人間にしかできないと
思っていたことが
コンピューターに取って代わられる


じゃ俺ってなんなのさ!!


↑そう、それが人間なんだ、とのこと。


自分のアイデンティティを求めて
問い続けるから進化し続ける


これ、最近痛感しています。
人は「問」を持たないと学ばない…。


だからこれからの70年
(神田さん提唱の70年周期理論)では、
「人間とは何か」問い続ける
70年になる
と言われていましたね。



何となく過ごせばもう2月。


日々「問」を立てて、
頭のアンテナを立てまくってないと、


そのうちブログも代わりに
書かれてしまう日が来るかもね😝

 

わずか二時間の講演でしたが…

そして
それぞれの人がそれぞれの
立場で大きなメッセージを受け取った
二時間だったと思います。



これからどのように
「生きて」いくか、
大きな大きな「問い」が頭に
植わった一日でした。

 

 

今日もありがとう!

 

 

★今日のクエスト★
馬鹿になるほど本を読む!笑



↓画像お借りしましたm(_ _)m

www.dream-seed.com