読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

これからのデザイン会社へ

広告・クリエイティブ-デザイン 広告・クリエイティブ

f:id:profeels:20160218234554j:plain

大手企業もランサーズや
クラウドワークスのような
クラウドソーシングに
デザインを発注する時代。



発注する側がしっかりしていれば
これもひとつのカタチ
だと思います。


クリエイティブの目的やメッセージを
しっかり考え原稿化すれば、デザインは
ある種部分化された「流れ作業」のひとつ
という行為になる


クラウドソーシングの質も、
上がってくるものを見るのは
楽しみなくらい
素晴らしい出来もある。
玉石混交ですが…



そして制作側もある程度、
営業・ディレクション(制作進行)が
できる人間なら、自分で受けて
クラウドソーシングに
発注すれば、ことは足ります。



しかもほとんど変動費だから、
働いた分だけ報酬になる。



わざわざデザイナーを
雇う必要は無いわけです。



では何のために会社で
ある必要があるのか



そういう問題に
行き着くわけだけど



立てた旗に集まるメンバー。


今、私が考える会社とは
「メッセージ」である
そう考えています。


会社として伝えていきたい想いが、
複数の人間で構成された
大きなチカラとなる。


だから会社に所属する人も、


卒業→就職


といった「常識?」とされている
流れの一環で会社に就職するのではなく、


自分が伝えたい想いと
同じ会社を選べるか。



これからの会社えらびの
キーワードなんだと思う。



まぁ、卒業したてで、
想いがある人はそうそういないでしょう。



想いがない会社もあるかもしれない。



そして想いがある会社は、
しっかりとその想いを伝える努力をする。


これが大事なんです。


いくら社長の中に滾る想いがあっても、
伝わらなければ存在しないのと同じ


思いがあるなら
伝えていく、アウトプットする。


書きたくなったらいつでも
呼んでくださいね♪


今日もお読みいただき
ありがとうございます。




★今日のクエスト★
やばっ寝る!