読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

相手にペースを合わせるペーシング

f:id:profeels:20160425201013j:plain

先日行った神田昌典さんの
マーケティング白熱会議で
名刺交換した方から
挨拶状が届いた😊


しかも同じ会社の方で
営業所は別々なので
きっと会社の方針なんだろうか。
素晴らしいね。



その左に有るのが俺のハガキ。
さっそく返信を書いたところ💦



最近はセミナーでの名刺交換には
サボり気味だったけど
こういうハガキをもらうと身が引き締まる😝



相変わらずきったねー字だけど
もう4年くらい続けているんだよね~


で、俺もよ~やるわ~なんて思ってたけど
ビジネスの大先輩は10,000通とかの世界。
まぁ地道に頑張るわ😉





これ、自社の営業マン全員でやろうと
スタッフの分も作ったことあるけど


誰一人続けれなかった💀



そりゃそうよ
自分が心温まるお手紙をもらった時に初めて
自分もやりたいと思えるからね



インサイドアウトじゃない好例
です。


だから強制すること無く
スタッフの行動に落とし込めている会社の社長は尊敬する❤


f:id:profeels:20160425203915j:plain

↑俺の本心




今日は何がいいたいかというと



自分の大事に思っていることをしてもらうと嬉しい❢




幼稚園で教えてもらえるような
ことなんですが…
これが意外と難しいんよ❢


より良いやり方を「知って」いれば
ついついそれを勧めたり

今はSNSの時代だ、ハガキなんて、と
やることもなく否定されたり



そんな中でも
自分が頑なに続けていることを
同じ行動で承認とか共感してもらったときに
嬉しくなる
んだよねぇ



これって例えば
服屋さんならお客さんがどんな服装でこようが
その服をベースに話を広げていくとか


化粧品屋さんだったら
相手のメイクの状態から
いきなり離れた提案をせずに
相手のペースに沿った提案をする




あなたがどんなにいい知識を持ってたとしても
相手が受け入れられないのであらば
それは一切役に立ってない❢



だから素晴らしい営業や接客は
商品知識よりも相手のペースに
合わせることから始める😫


相手の表情、相手の声のトーン、
呼吸スピード、服装、服の色、持ち物…
酒の飲み方、メールの返信速度や分量




だって子供がしゃべる時、
素敵なオネェさんは屈んで子供目線で話してくれるっしょ

※上から目線がもえるのもわかるよぉ~w



その人が生きてきた
全ての結晶が今に現れている
だからまずは「今」を受け入れる。



アタリマエのことのようだけど
「自分が」「自分が」になっちゃってたら
中々難しいんよね。




と、
このような記事を書くときは1000%反省です🐒



そうよ
ペースを合わせるのよ🎶
真似っこじゃ!





今日もありがとう!





★今日のクエスト★
明日は悶絶早起き