読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

採用と応募のギャップが見えた!成功する自社採用活動へ

経営 経営-求人・採用

ども、馬庭です。


現在採用難時期で、ハローワークに出しても、
求人サイトに出しても全然応募がない!



というご相談をいただくことが増えました。



そこで「採用活動=ハローワーク・求人サイト・媒体会社への依頼」


が定着している風潮を見直し、


自社サイトを活用して採用活動自体を
自社運用しませんか?


というご提案を行っております。
まずは下記の図を見て下さい。


f:id:profeels:20160609085644j:plain



おそらく採用サイトのSEO対策や
広告が凄いので、直接企業の採用ページヘ
辿りつけないんでしょう。


でも採用サイトを見た人の殆どは
企業サイトも訪れているという事実。



f:id:profeels:20160609085657j:plain



そして約半数が情報が少ないためか
満足できない状況があるとのこと。

中には応募意欲が下がった❢
なんて回答もありますね(笑)



f:id:profeels:20160609085722j:plain

総合求人情報サービスを行う
ディップ株式会社が発表したDip Report データによる



そうなんです。


転職・就職サイトを訪れたユーザーの殆どは
企業サイトを訪問しているんです。


そしてそこにほしい情報が無いから
応募を躊躇している❢


そうとも考えられますよね?




これを見た人事担当者様、社長様。
自社の採用ページを見てみて下さい。


表組みにされた要項だけがずらーっと並んでないですか?


キチンと採用ページを整えることって
一種のオモテナシだと思うんです。



でも社長にヒアリングすると



「いやぁうちの会社はキツイでなぁ」とか
「いや、うち魅力無いんよね…」


って今の社員に失礼でしょうが💀



そしてページが整ってきたら
そこにアクセスを集めて、更に
追っかけて広告を出す。


そして採用単価を下げ
自社の社風に共感出来るスタッフを採用するなら


採用活動を今すぐ自社運営に切り替える❢


おすすめします❢




今日もありがとう!


★今日のクエスト★
続・INDEEDの研究