岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

SEOとコンテンツマーケティング

f:id:profeels:20160612085418j:plain

おはようございます?



先日香川で行われたCSSNITEで
スピーカーの住さんが




みんなSEO好きやんね❔
なんでそんなに好きなん❔




なんてことを言われてました?



SEOの大御所がそんなこと言うもんだから
可笑しかったんですが




今のSEOの風潮からして
上位表示するには、テクニック的なことより
自分のビジネスを磨くことが先



という結論に至る。
当たり前のことを
当たり前にする、という感じだろうか。




例えば自社は広島にも営業所があるけど
長年「広告 広島」なんてキーワードでは
3ページ目くらいをウロウロしてた。



ところが、広島営業所のページを設け、
Googleマイビジネスに登録すると
すでに5位6位に入っている。




キチンと実在しているかどうか。
これがまずもって大事なんだろう。



Googleマイビジネスの中も知らん間に


「ビジネス情報」
「ブランドページ」



というカテゴリが登場している。
実在しているのに勝手に
ブランドページに割り振られているものもあるけど…?




このブランドページかビジネス情報か
この割り振りは「看板」だったりするという説もある。



ほら、Googleさんって
ストリートビューで見れるじゃないですか。
※ごめん、妄想



でもGoogleマイビジネス自体
サポートもかなりしっかりしているので
チカラが入っているのがすごく伝わってくる。



このようにSEOもローカル性が強い今、
岡山では一位とっていても、
他県では圏外だったりする




だから他県で上位表示するために
バーチャルオフィスで…



って策もあるようだけど




それもそのうち基準が
変わったら対応できなくなる。



だからSEOを頑張って
上がった、下がったに一喜一憂するより
自分のビジネスに注力する❢



自分のビジネスを自分の言葉で語る❢




そこにコンテンツマーケティングの
本質が有るように思う。
※会社の規模と予算による(笑)



そうなってくると小さい会社なら
社長が一番ビジネスについて語れるよね?



外部ライターさんに委託する人もいるけど
その原稿はしっかり社長の言葉で語ったものを
編集してもらったほうがいい



そしてそもそも俺も含めて(笑)
小さな会社の場合、
自分がなんでこの仕事をしているのか、
不明確な社長も多い、はず。



SEOというより、
もっともっと本質「自分と向き合うこと」
が良質なコンテンツを産むソース




そんなことがふと浮かんだ朝です。





とか言いつつ、下のリンクはSEO対策のために
外部ライターさんに丸投げ…
終わっとるで、俺w


そのうち「自分の言葉で」リライトします❢





今日もありがとう!




★今日のクエスト★
マイビジネス再び。

yamato-agency.com

yamato-agency.com