読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

左脳的な時代、右脳的な時代。


f:id:profeels:20160614163111j:plain
ども、馬庭です。


写真って不思議よね。
スマホでガンガン撮れるようになって
こんなに数があったら忘れるんじゃ?


なんて思ってても賢いもんで
いつ撮ったか、どんな状況だったか
割りと思い出しやすい。



たとえばGoogleフォトは
最近撮った年代別に
勝手にソートしてくれるんだけど



例えば毎日1枚撮り続けて
人生80年だとしたら



29,200枚。



一生を収めることも
無理な話ではないよな…




すでにそのくらいの画像なら
持っている人って結構いるんじゃないだろうか。



一生の記憶がそこにズラ~っと並ぶわけで
いつでも走馬灯の如く。を
再現できるわけだ。



ってちょっと大げさだけどw




今スマホがあれば
いろんなことが瞬時に調べられる時代に
情報や知識を知っていることの意味ってどうなるんだろう?




なんてことを考えていた。




自分の世代で勉強といえば
知識や情報を暗記することが大事だった
その情報をベースとして
価値を生み出す感じ、かね。資格とか。



2020年までに小中学校の生徒一人に
タブレットを支給するって話が進んでるようだけど


記憶することに費やしていた時間を
何が埋めるんだろう?



AI化が進むこれからの時代は
人間理解が進む気がしている。



たとえば、勝手にフォーカスしとる
だけかもしれんけど
なんとなく世に心理学系とか
ヨガとか増えてきてない?



アドラーさんとか。
嫌われる勇気はビックヒットよね。



記憶の時代を左脳的というなら
これからは右脳的というか。


五感を通じた行いをもって
人間理解が進む気がする。




もっと色んな場所に出掛けて
色んな人と関わりあって
色んな飯を食う❢


そして新たな価値を見出していく。







そうだ、外に出よう😊






……



昨日からパソコンの前に
張り付いとったら外の空気が恋しくなった😚







とりとめもないですが…。
今日もありがとう❢








ということで★今日のクエスト★
ライブバーの撮影行ってくる😊