岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

使命ってなんぞや?

f:id:profeels:20160801161230j:plain


ども、馬庭です。
月のはじまりは自戒!ってことで…



一年は24時間×365日=8,760時間


一日6時間睡眠と8時間睡眠の人なら、
12年で1年分の差がでる。


ほかにも
一日2時間何もしない時間が当たり前になると
すぐに3年、4年の差がつくんだろうね。


そう考えるとなんだかもったいないじゃない?


だからって寝なきゃいいのか?
遊ばなきゃいいのか?ってのは安直だけど


そもそも人間は楽しむことに
生きる喜びを感じやすい。


そして人間の能力なんて
そんなに差はないんだと思う。


空は飛べんし、早く走ってもせいぜい世界記録くらいw
※なんか偉そうですな



じゃ何で同じ24時間で、
人によって大きな差がでたりするの?
あんなに影響力が大きいの?


それは「使命」なんだとおもう。



使命って読んで字の如く「命を使う」
それは時間そのものの使い方とも言える。



なんのために日々過ごすのか




どうせだったら
せっかくの時間をもっと有効に使いたい。




◆有名な「石工の話」引用

一人の旅人が石工職人たちに質問をしました。
「あなたは、何のために石を切っているのですか?」

・一人目の職人
「お金をもらうためだよ」

・二人目の職人
「将来、腕の立つ職人になるために仕事してるんだよ」

・三人目の職人
「これから何百年も町のみんなが訪れることができる立派な教会の土台になるんだよ」

三人目は「多くの人の為」に
仕事をしているってのがわかる。


じゃ、なぜ三人目の職人はこんなことを
言うようになったんだろう?


人が変わる時は死にそうな思いをしたり、つらい経験をし
自分一人で生きていない


他力を意識したときに、
自分の使命に目覚めると聞きます。


志が立つともいうかな。


だから三人目は
石で死にかけた恐れがあるとも勘ぐれる?



そしてユングが言った
「人生の正午」って転換期、
つまり危機意識とか
強烈なインパクトを受ける時


それが大体厄年あたり?なんて推測する。
そして厄年は「新しい役をいただく年」とも聞く。


だから三人目は
推定年齢40代中盤とも勘ぐれる?



それまで作り上げた自分を
一度見直したりlぶっ壊して


人のために動く人間に成る。


それが傍を楽にする
「はたらく」という事。



そこがポイントなんだよね。




俺もそろそろ40。
なんかあるかな…?



どんな事があっても
踏ん張って行きまっせ



今月は月初から気合入れてみました?
暑苦しくてすんませんw



今日もありがとう❢




★今日のクエスト★
2週単位で仕事を考えてみる