読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

ココロの中でなんて言ってんの?

f:id:profeels:20160923073334j:plain

おはようございます、馬庭です。
どうも月曜な気がしますが、
今日は金曜日です😄


仕事してたら日々
色んな意見をもらうけど
反対意見や批判への反応の仕方
それであなたの仕事のステージがわかるかも?って話。
あわよくばその反応を変えちゃおう❢ってオマケ。


その時は同意されなかったとか
反対されたって気分になって
カチンと来たりガッカリするもんだけど


ちょっと落ち着いて考えてみると
ほとんどこちらの配慮不足や
計画性、ヒアリング力の不足、提案力


そういったものの
欠如である場合も多いもの


うちの仕事にも、
中には何度も修正が来る案件もあって
辟易することもある。


だけど一歩引いて考えると
お客さんが何を望んでいるか


そこを考えずに狭窄な視野のまま
作業・タスクとして捉えてしまう💦


では、こんなのはどうでしょう?


その提案が出来ているか。
お金をもらっている以上プロとして。


だからあなたがどんな批判や状況に反発するかで
あなたの今の仕事のレベルが見えてくる


1・何度も重なる変更に辟易する
2・時間を無視したオーダーが入る
3・自社提案より他社提案を採用される


おそらく仕事をタスクレベルと捉えていたら
3番をあまり悔しいとは思わないだろう


2番に対して相手を責めてばかりなら
自分の行動を客観視する視点が足りないのかも知れない


つまりあなたにとって仕事ってなに?


それを知るヒントとして
批判やミス、フィードバックを
もらった時
に、自分が取る行動、
話す言葉にに注目
する


・だって◯◯さんが
・だってルールが
・誰も◯◯してくれない
・どうせ◯◯だから
・あの人はいつも◯◯
・そんな話はどこでもある
・聞いてないし


最初はこんな感じでしょ❓


・どうやったら上手くいくんだろ?
・誰に聞けばいいだろ?


それが自然と質問形に変化すると
仕事観が変化しつつ有るんだと思う。


人それぞれそのステージでの悩みがあり
その葛藤に時には潰されそうになる


悩みがデカくなると悩みを感じないように
酒とかで自分をごまかすこともある


そして本当は誰しも知っていると思う、
その葛藤こそが人を成長させるんだ、と。


だから苛立ち、悩み、辛み
感情が動いた時、まずは
自分の脳内の言葉を聴く


👨くっそ!◯◯さんっていつも…


そして


👨けどあの人とは上手く行ってるよな…


なんてプラスワンで脳内の言葉に
新たな発見をさせてやると
そこには意外なヒントが
隠れているんだよね。



ところで。


最近色んなメディアがあるけど
くだらないものから、ホントかよっ?と思えるもの
示唆に富んだものまで玉石混交。


今日このブログを書こうと思ったきっかけはこちら。

blog.tinect.jp


俺もデザインや少しだけWebの
実務やってたのでよく分かる。
何事も経験だわね。


明日から火曜日まで東京🗼
今月、来月はセミオタの血が騒ぐぜ!


ということで今日もありがとう❢


★今日のクエスト★
寝起き朝一番のココロの声は何て言ってるか注目する。