岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

理念か、スキルか。


馬庭です。


Aiの進化によって仕事が無くなる!
なんてことが取り沙汰されてますが


一方でインターネット上で完結する
新しい仕事も色々でてきてるなぁ


最近そう感じます。


たとえば事務作業やデザインなどを依頼できるサービス

f:id:profeels:20161130185347j:plain

f:id:profeels:20161130185415p:plain


cast-er.com

月額決まった金額で
時間内なら色んな仕事を依頼できるようです。


従来だと

・経理
・事務
・翻訳
・デザイン
・ホームページ


それぞれの担当者を雇ったり外注に依頼していたことが
一つの窓口で完結するんです。


まさにコンシェルジュ。


先日チャットワークのコンシェルジュサービスが
登場したと書きました。


goo.gl


実際俺も利用しています。


一回もあったこと無いし、
そもそも顔も名前も知らん。


名前聞いてもいいものか?w
そんな新しい悩みも出てきました😅


ただそこにはChatWorkという
プラットフォームへの信頼だけでビジネスを始めた。


今年の年初に
神田昌典さんの2022講演に参加した。


その時強く言われていたことが
頭の中で蘇る


「嘘のつけない時代になる」


SNSなどの進化で、
情報を隠すことが難しくなりつつある


だから誰がどんなことをしているのか
透明性がますます重要になってくるはずだ。



実は名前の知らない人に
仕事を依頼するなんて大胆なのかもしれない。

こんな仕事の進め方を
リスキーだと言われればそうだ


しかしランサーズに代表されるような
クラウドソーシングがますます伸びていることを鑑みれば
民意なんだと思う。


だからしっかりと人をつなぎ
一つの形を作れるディレクターや
プロデューサーがこれからますます活躍するんだろう。


スタッフを雇用することは
企業にとっての一つの責任だと思う。


ただ会社側の意見としては、
そこには常に固定費がかかるし
終身雇用が崩れた今では
下手すれば企業にも雇用される側にとっても
都合のよい言い訳にもなり得る


だから理念に共感し、
ともに使命感をもって働ける人を雇用し、
力を貸してくれる人とは契約する


こんな一つのルールが出来る氣がする。


力、スキルを時間単位でシェアし合う時代


プロフェッショナルになるか
理念にもえるやつになるか


どちらにせよやらされ感は無し。


さて、それはそれで
楽しそうじゃないですか!



今日も有難うございます!


★今日のクエスト★
自分の強みって何だろ?
よく頼まれることは何?


dezaho.com

cyclo.jp