貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

経営理念って、何よ?

f:id:profeels:20161212222935j:plain
今日はコンサルタントの方から自分のビジネスのフィードバックを受けた。


といっても数字はあらかた把握しているので先日実施してもらった社風調査だ。


小奇麗にまとめられた冊子には、予想してた以上の答えが載ってる。うん、思いっきり落ち込む。


何のために頑張ってるのか、時々ふと、わからなくなってもいいだろう、俺だって弱い人間だし。


けど自分に嘘ついてまでも、違和感を感じながらもやることに、上手く行った試しはない。


たとえば理念が大事だと言うけど日本の社長の何%が、そもそも自社の理念を言えるのだろう?


そして熱き想いを胸に起業した!そういうのは素晴らしい手本であって、実際はなんとなくここまで来た、という社長も少なくないだろう。


何年も会社運営している先輩経営者からしてみれば、何をか言わんやだろうが、実際、わからないものはわからない。


ただ、理念が大事だといって、どっかで聞いたことのある、独自性や本質を欠いた理念を掲げるくらいなら、いっそない方がましだと思う。


きれいな額に入れられて達筆な書が飾られていることもあるけど、浸透しないのであれば、それは理念じゃない。ただの絵だ。


社員やクライアントに対し、本気で胸はって叫ぶ理念が、理念作りのテンプレートからもたらされるようなものであってはダメだろう。


いま俺が悩んでるポイントは、ここ。


みんな通る道だろうし、そういう意味では順調なんだろうね。そういう本もセミナーも数多ある。


そしてわからないから、明日から二日間ガッツリそういう場に浸ってきます。


自分自身が朝早くから夜遅くまで働くことくらいしか、今の自分の器では分からん。
それがスタッフにとっては窮屈だとしても、結果として人の役に立っているのであらば、という想いで。


もし明日死ぬとしても、今のもがく俺でいいんだと思う。