読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

理念を考えるための視点

経営 経営-起業・創業

f:id:profeels:20161223224633j:plain
なんだ、昨日のブログはw


「ブログ書いてないよ!」そう教えてもらって酔っ払って日が変わるギリギリにスマホで・・・。


ブログを書かないと自分ごとのように心配してくれる仲間がいるのは嬉しいもんです。


昨日は望年会で、今年とてもお世話になった師匠にごちそうになりました。

f:id:profeels:20161223223231j:plain
↑師匠直々にお好み焼きを焼いてもらう贅沢なひととき。


飲みながら自分や自分の周りのことを考える時間になりました。


数年間、ずっと引きずってる理念の明文化。


ここ最近、これに焦点が当たりまくりです。


たとえば理念を考える時、仕事やってて何が嬉しいか?という点で考えることもできます。


・できないと思ってたことができた時。
・スタッフが学びに興味を示した時
・お客さんが新しい氣づきを得られた時
・思考の枠(思い込み)が外れた時


こういう場面に遭遇した時、心からうれしくなるもんです。



こうすれば、もっと良くなる、もっと幅がひろがる、そして成長につながる。


その可能性を喜べる。これが俺の原動力なんだろう。


自分は「可能性と成長」がテーマかな。



たとえば入社してしばらくしたスタッフが自発的にデザインの勉強なんかやり始めると、ついつい「好きな教材買っていいよ」なんて、お金度外視で応援したくなるんです。

たとえばお客さんが、従来の販促方法に加え、自分の提案した手法が功を奏した時。
新しい可能性に氣付いて歓んで貰えることはとても嬉しい。


世界は広い。
可能性は無限大。


そう知りたいし、そう共有したい。

もうすこし深掘りして、10年めを迎えたいと思います。