岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

10年後、点を線にするには

f:id:profeels:20170103225145j:plain

狂気とは即ち、同じことを繰り返し行い、違う結果を期待すること

過去と同じことを行い続ければ、過去に手に入れたものと同じものしか手に入らない


年初にあたり、今日は今後のことをずっと考えてた。


2011年にGoogleカレンダーを使い始めたから、ちょうど5年。
5年なんてあっという間だった。


同じように5年後も、10年後もあっという間だろう。
もっと速いのかもしれない。


そう考えるとだらだらしている時間は無いな、と改めて思う。
そして迷っている時間も。



カレンダーをペラペラめくってみると、少しずつ行動の変化が起きたポイントがいくつか見つかる。
ターニングポイントと呼ぶには大げさかもしれないが、明らかにその後の行動を変えたポイント。


そのポイントとは、過去、自分が想っていた意識がそうさせたんだと、俯瞰すると氣づくのだ。


ここでスティーブ・ジョブズのスピーチ。

www.youtube.com



点が線になるとはおっしゃるものの、一生懸命向き合った点のみだろう?





自分はずっと思っていた。


ある日、何者かになる。
ある日、変化がもたらされる。


40を前にしてようやく氣づいたが、それは幻想だ。



大事なのは決めること。決断すること。
決めて断つことだと。



昨日と同じ選択をすれば、昨日と同じ結果がもたらされる。



今に違和感を感じているなら、決めること。
そして決めたことに一心不乱にのめり込むこと。



10年後、どこにいて何をしていたいか。
そうはいっても中々難しい。


けど、1年くらいなら考えられるはず。


人生は一日の連続であるなら、人生とは、今日そのもの。
今日一日をとことん生き抜きたい。


エヌ・プランニング 2017 10年カレンダー

エヌ・プランニング 2017 10年カレンダー

エヌ・プランニング 2017 5年カレンダー

エヌ・プランニング 2017 5年カレンダー

↑10年カレンダーと5年カレンダー。
俯瞰するには便利