読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

最初のお客さん覚えてますか?

f:id:profeels:20170106221918j:plain
思えばこうやって、ここまで来たなぁ…。


ん?あ、いやね。
今日、自分がサラリーマンとして社会に出たての頃、最初に可愛がってくれたお客さんがやってたお店の近くを通った。


今は無いんだけどね💦
違うお店が入っている。


でも思い出すんだよなぁ…
何もできない自分が、なにか役に立とうと暗中模索しながら頑張ってたときのこと。
そしてそんな俺を可愛がってくれた。

なのに、少し覚えると得意気になって生意気だったなぁ、と。



それから月日は流れて、もう16年…



今は誰のお役にたとうとしているんだろう?
ともすれば、支払いをすることに迫られて、お金に偏重してしまうことも多々ある。



最近、ずっと考えてたわ。
そして、少しずつ、わかりはじめたマイレボリューション…




俺は世の中を明るくしたいって思っている人の応援がしたいんだと。




夢を持つことは大切だ。


・家をかって家族と楽しく過ごす
・いい車に乗る
・年収◯◯円
・旅行はどこそこ


安直に言えばこういうのも夢だろう。



ただ夢には求心力がない。
なぜなら、自分のためだからだ。


その夢が外に向かった時、それは「志」となる。
つまり一灯照隅、誰かのために頑張りたいとおもうこと。


そもそも社長には夢があるし、志がある。
だから起業したろうし、大変な仕事にも愚痴言わず誰よりも頑張る。


ただ、それが金銭に追われると、いつしかライフワークがライスワークになってしまって、夢とか志とかを忘れてしまう。
初心忘るべからずとはこのことだろうか。



だから、そんな「輝くべき人」が「もっと輝く」ために、ブランディングや集客サポートをしたいのだ。
そうして輝く人が増えると、世の中も輝き出すと信じている。




あなたの最初のお客さんになってくれた人を覚えていますか?



あのとき、もっと知っていれば…
あのとき、もっと視点が広ければ…



さて


あなたは何のために仕事をしますか?
または、誰のために?




俺にもこれからもっと、想いをもったビジョナリストとの出会いがあると思う。
そしてあなたが輝けば、俺も輝く。



だからあなたをもっと輝かすために、もっと学んでベストを尽くします。