岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

絶対達成LIVE2017岡山

f:id:profeels:20170202230646j:plain

今日は横山信弘さんの「絶対達成LIVE2017in岡山」に参加しました。


アタックス・セールス・アソシエイツの代表、横山さんと言えば「絶対達成」をスローガンに、目標達成のための予材管理や、当たり前の基準を高めるための絶対達成マインドの育成を得意とされているところ。



書籍やセミナーでは随所にNLPがベースとなった、人間の性質を理解した研修やメソッドがとても心に響きます。



歯に衣着せぬトークは、私のような「怠慢・自堕落」な経営者の脳天を直撃します(笑)



きっと今日は岡山での公演で疲れているだろうなぁと思いながらもFacebookで友達申請したら、数十秒でコメントと承認いただきました。



いろんな人と関わらせていただきましたが、できる?人はとにかくレスポンスが速い!
こういうことなんですよね…



今日の講演の中で特に心に残ったのが「絶対達成マインド」、つまり「当たり前の基準」の解説。



たとえば明日の朝東京に行く必要があれば、今すぐ飛行機や新幹線を予約しますよね。
あるいは夜行バスでもいいかもしれませんし、車で行くって手もあります。


つまり「在り方=東京へいく」が決まれば「やり方=交通手段」は自然とベストな選択をするわけです。


なのにいざ仕事となると、たとえば売上◯◯円達成すると決めても、手段やツールばかりに目が行ってしまい、しまいにはそれらのせいにして達成しないことがある。


つまり「在り方」へのコミットの強さが絶対達成マインドです。



そして私も大いに頷いたのが「目標達成に自主性なんて不要」。



とくに俺のような甘い経営者には、スタッフの自主性に期待しがち…
でもそれって逃げなんだよね。



自主性もなにも、絶対達成すると決めたら部下の行動(つまり手段の好き嫌い)に委ねるのは稚すぎる。


プロフェッショナルとは何か、考えさせられました。



f:id:profeels:20170202225801j:plain
またマネジメントに求められる能力としてカッツモデルの紹介がありました。


これからはどんどんテクニカルなスキルがAiなどで代替される時代。


トップマネジメントのみならず、どの階層でもいかにコンセプチュアルスキルを高められるか、そして等しく(この図で台形の部分)求められるコミュニケーションスキルが前提だということ。



わずか二時間でしたが、そして本でも読んでいたことでしたが、LIVEならではの場が、あらためて目標マネジメントの大切さに意識をむけさせてくれました。



やる氣は3日続けばいい。



大事なのはやり続ける継続・習慣。
そこには問答無用、言い訳無用の圧倒的な行動が必要ですね。


習慣は第二の天性と言われるぐらいですから。



改めて自分の行動量の少なさを意識した二時間でもありました。
横山さん、有難うございました。


絶対達成バイブル

絶対達成バイブル

↑会場で買いました😁