読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

飾りじゃないのよWebは、ハッハー

f:id:profeels:20170203180208j:plain

成長とは過去の自分を破壊することである…



あの、陶器をガチャンと投げて「駄作だ!」って感じ。



というのも、自社で行っていた格安Web制作サービスのお客さんから、集客の相談をされることが増えてきました。


弊社も5年くらい前からWeb制作サービスを本格的に提供していましたが、テンプレートをベースとした格安Web制作でした。


その当時、他社がやっているマネをして「基本SEO」とかメニュー化していましたが、今となれば顔から火が出るくらい当たり前のことを、いかにもって感じで提案していましたね。


なんだよ、基本SEOって(笑)
当時からTDK(タイトル・ディスクリプション・キーワード)の設定は当たり前だったし、内部リンクなどは当然の施策として行います。



でもいくら内部対策頑張ったって、地方の企業のサイトなら日々のアクセスが10とか20ってことはザラ。
問い合わせは中々こないんですよね。
当たり前ですが…


こんなことお客さんの前で言うには俺だって覚悟が要ります。
だけど一番大事なのはそこじゃないと、今ははっきり言えます。



大事なのはそのビジネスを成しているコア(USP)を見つけること。



その店の特徴ってオーナーや創業者のソース(純粋な魂)の現れだと思うんです。


今日も打ち合わせをしてきたんだけど、その店にしかない特徴を幾つか感じました。


なので、そこを表現することが大前提で、決してデザイン云々やSEO対策がどうとか、技術的なことから入るものではありません。



このようにコンセプトを詰めていくとどうしても時間かかるので費用もかさむ。
だからそのようなWebサイトを作った場合、短期的・一時的な集客と、長い目で見て集客に繋がるような提案をします。



もし今、貴方がホームページを作ろうと考えてて、安いから依頼した制作会社が、いきなりヒアリングなしにデザイン案をもってくる、ってなことになる前によく考えて。



・何年ビジネスやりますか?
・どのくらいの集客を期待していますか?
・集客コストという概念はありますか?


少しでも経営を考えてたら「安ければいい」より、費用対効果ですよね。
もちろん安いに越したことはありませんが…


飾りじゃないのよWebは、はっはー。


yamato-agency.com