読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

何でもかんでもヤリスギなんかも。何を捨てますか?

昨日は広島で開催された土井英司さんの「【ビジネスセミナーin広島】お金持ちになるための夢とアイデアとビジネスの創り方」に参加しました。


eliesbook.co.jp


土井さんといえば2004年から毎日続くビジネス書を紹介するメルマガ「ビジネスブックマラソン」でご存知の方も多いと思います。
近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」の出版プロデュースをされたことでも有名です。


ただメルマガや実績もさることながら、講演やセミナーCDがめちゃくちゃおもしろい!
キレッキレのマシンガントークに散りばめられた知識と経験からくる逸話の数々、聞き終わったあとこちらが何か達成感を得られるくらいです。


で、昨日一番の学びは「何を捨てるか、何をしないと決めるか」ということ。



思えば近藤麻理恵さんの本も捨てること(片付け)をテーマとして大ヒットしたわけですが、ビジネスで言えばマイケル・ポーターさんも「選択と集中」と言われているように、「何をしないか」これをしっかり決めて守ることが大事なんです。


器用貧乏という言葉がありますが、なんでも出来るは何にも出来ない。
そのくらいの意識を持って自分の好きなこと、得意なことに注力することの大切さ、大きな学びをいただきました。


ジョブズさんもザッカーバーグさんも、基本仕事は好きだけど、ほとんど一つの事、つまり自分が得意としていることにフォーカスしていたようです。
というかそれ以外の能力は、もっと優れた適任者に任せてたというか。


テーマに沿った話としては、1,000万円のお金のセルフイメージを持ちたければ100万円の価値観を手放す。
一億円のビジネスを考えれば、1,000万円のお金を手放せるか。


そう、そうなんよね!


それってつまりお金のセルフイメージ。
もっと言えば口座残高とか財布の中身見たらわかるわ。



なぜか一度に大きな金額もらっても、平均残高くらいに落ち着くでしょ(笑)
もしくは空っぽとか。


俺も数年前までいつもカツカツだったけど…


そしてやたらと自分のお金を使いたがらない人もいるけど、自分のお金は「未知の経験を重ねる=投資」という視点をもって、自分の可能性を広げてくれそうなことに使う。


(収入ー費用)×運用


収入が増えれば運用も大きくなり成長スパイラルですよね。
運用(自己投資)するから収入も上がる。


やっぱ人生とは自分の視野の拡大、判断基準。
そういったパターンに左右されるなぁと改めて実感しました。


土井さんの講演、ちかくで開催されるなら是非参加してみて下さい!