貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

インターネットで発注書を管理し月次決算速度を上げる

f:id:profeels:20170210225814j:plain
うちのような小さな会社では、単月(月次)決算をできるだけ早くする必要がある、でしょ?
だって先月の数字もベースに、いち早く今月の営業改善施策を回す必要があるからね。


でも実際どうでしょう?



税理士に任せてて、先月の数字が確定するのが翌月末なんてことも結構あるでしょう。



これじゃ遅すぎ😆



もちろん社長の頭にはおおよその数字は出てるかもしれない。


でもその遅い理由として、税理士の処理が遅い、が理由ならさっさと税理士変えましょう。


でも殆どが


「仕入れ請求書が届いて揃うのが翌月10日くらい」


じゃないでしょうか?



それが理由なら対策はあります。
つまり発注書を発行する、
それだけ。


でも業態業種によっては発注書って出してないところも多いハズ。
ウチもそうだからね~



そこで見つけた便利なWebで完結する発注書システム「COREC」


corec.jp



わずか月額980円で担当者をいくらでも追加できて、



・どの発注先に
・どの営業マンが
・いくらくらい発注したか


即座にわかります✋


発注する他に発注先の担当者にFAXまたはメールで発注書が届きます。
たとえば発注書の送付が難しいところには自分のメアドを登録しておけばいいですよね。


こうやって数字の共有を早くし、翌月の営業PDCAを回す。



ちょっとしたことですが、発注金額などがグラフ化されるので結構面白いと思います。


お試しください。