貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

嫌なお客さんを定義した。するとみるみる売上が改善した。

今日もアップグレードを後方で援護射撃


輝くべき人をもっと輝かす
ブランディングとマーケティングのサポーター
ラッキーこと馬庭直人です😃

f:id:profeels:20170827115615j:plain


今日の大阪城も萌えております🏯




昨日は自社の強みを見つけるワークでした


そして今日は理想客を定義し、ゾーン外のお客さんをバッサバッサと切っていく一日(笑)


実名で嫌な客を書いて、そのお客の何が嫌なのかを言語化すると、反対に理想の客も浮かび上がるんです👆




商売で売上を上げるには
客数×客単価×リピート


なわけですが、会社の営業マンの人数を変えずに客数を増やすとなると無理がでるよね


つまりサービス品質が下がることに繋がり、リピートを失いかねん



けど売上の80%は上位20%のお客さんの貢献ってことは
20対80の法則であまりにも有名。

新版 人生を変える80対20の法則

新版 人生を変える80対20の法則



だったら理想でない(売上げランキング下位の)お客さんを切っちゃっても影響でないんじゃ?



そのお客さんに注いでいたエネルギーを
上位20%のお得意様に再注入



そうすれば


嫌な気持ちで仕事を続けることもなく
サービス品質も上がり、リピートも増える。


その上、お客さんの満足度も高まるので紹介もいただけるかもしれない😄


いいことづくし。



俺らは売上UPを考える時は
すぐに広告しよう、集客しよう!って発想になりますが


小さい会社で売上を上げるには客数よりもリピートと客単価


嫌なお客さんに奪われていたエネルギー、
このリソースを見直してみよう


まずお客さんのリストを作って
売上順に並べてみること



売上UPの第一歩になるかも✋



では、また。