貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

DoでなくBe @0005

やぁどうも。ドゥービー・ブラザーズ

ハローワークの求人情報で面白い実験があります。 求職者は求職票の何を見ているか、ヒートマップでサイトを検証しよう というものです。

http://www.jil.go.jp/institute/reports/2012/0147.htm

どこが一番見られているかとおもいますか? 私は待遇かなぁ…と思っておりましたが(笑) やはり、男女とも「仕事の内容」に一番着目しているようですね。

以前何かの記事で読んだことがあります。

「何をするかでなく、どんな人になるか」

Do(Become)ではなく、Beということですね。

江戸時代は、士農工商制度で生まれつき職業が決まっていたと 言われていますが、現代では、自分のしたい仕事を選べますね。 その中で自分に「合ってる」「楽しい」「待遇がいい」など、 色々感じちゃいます。

しかし、なかなかないんですよね。自分にピッタリの仕事。

だからあぁでもない、こうでもないと、 Be(自己実現)のためにDo(試行錯誤)をしますよね。

しかし先賢はいろんな言葉を残しています。

・晩年「最初からこうなるようになっていた気がする」松下幸之助さん

・「先を見通して点をつなぐことはできない。振り返ってつなぐことしかできない。だから将来何らかの形で点がつながると信じなければならない。何かを信じなければならない。直感、運命、人生、カルマ、その他何でも。この手法が私を裏切ったことは一度もなく、私の人生に大きな違いをもたらした。」スティーブ・ジョブズ 御侍さんの中でも、どんな侍になるか、志が試される 時があったように、現代でも、『世の中のために進んで大変なことをする』 中に「志」が宿り、大業を成すことができる。

どんな自分で有りたいか(Be)を見つけるために、 何をするにしても、目の前のことを「徹底的に」 頑張りたいと思う。

☆今日の探求☆ 過去と今が繋がってると感じたときはどんな時ですか?