読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

たとえ話の上手な使い方?

人に伝えたいことがあって、 上手い例え(メタファー)ないかなぁと考ることがあります。

例えば、 「何事も最初の一歩は大変だけど、習慣化したら楽」 って伝えるのに、 「自転車も最初の一漕ぎが一番力が要る。走りだせばあとはスイスイ」って 喩え話を使います。 でも坂道は辛いですよ?なんて返されることも有りますが…

また、筋トレを例えに出して 「しばらく筋トレした身体で、一番最初にはじめたウェイトを試すと軽いよね?」 と言うのは、入社当初の自分の力量を比べて、 かなり成長しているよね?と伝えたいときに使います。

つまり喩え話は、相手に「自分の体験に照らし合わせて」もらう 効能が有ります、自分事として考えてもらうためには、 その人が経験したことのありそうな、 メタファーを使うと効果的ですね。

しかし、メタファーは日頃意識して考えておかないと、 咄嗟には出てくるものでは有りません。

そして色んなシーンでのメタファーを集めておくと、 応用できて良いな、なんて思います。

★今日のクエスト★ 当事者意識のメタファーを考える。