貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

タスクの作り方

昨日に続き時間と効率化について。

現在タスクリストはgoogleToDoを利用しています。 そして、 ・今日やること ・明日やること ・今週やること ・依頼したこと など、細かく区切って期限に入れたもの 以外はできるだけやらないようにしています。

となると、業務量とか時間の「見積り」が重要になってきます。

そのタスク一覧に落とす際に 自分が心がけているルールがあります。 それは4W1Hで書くこと。

Whenいつ Whereどこで What何を Whyなぜ Howどうするか。

と、見た瞬間行動レベルに落とせる記述を心がけています。

例えば、 「今日15時までに銀行で現金口座から15万、 保険料の振込のために、○○のATMへ行って下ろす」 と書いてます。こうすれば、悩む必要がないんですね。

おそらく時間泥棒の多くは、やることがあっても 行動レベルに落とせてないこと。

なので、タスクも「15時までにお金」と 書くよりも、前述のように書くほうが悩まなくてすみますね。 極端な例ですが、タスクリストが中々減らない人は、 お勧めです。

隔週金曜日は7:30からガストで首脳会議。 リーダー、主任と朝食を摂りながら現在の状況確認をしています。 今朝の話題は目標と満足度。 今、日報で、今日の満足度を点数化してもらってますが、 80点以上が珍しく、大体50点程度。 何故?と尋ねるうちに、 「自分なりのゴールが決まっていないから」という 仮説にたどり着きました。 例えば、今日は「腹筋100回やる」と決めていれば、 100回できれば100点なわけです。 皆さんの基準が高過ぎるような気もしますが、 大事なのは「決めてやること」ことなのでは?と フィードバック。

前述のタスクの落とし方を参考に、皆さんが100点に近づいてもらえるよう、 自分にいいねを出せるよう応援したいと思います。

☆クエスト☆ 仕事時間の見積もり、自分ルールをもってますか??