貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

仕事の8割は人に任せなさい!

レビューが続いています。

健康プラザコーワ、ドクターユキオフィスの社長、臼井由妃さんの 書籍です。臼井さんを初めて知ったのは、「一週間は金曜日から始めなさい」という オーディオブック。とても面白い内容でしたので、記憶に残っていました。 マネーの虎にも出演されていたようですが、本人のブログには 「マネーの虎と呼ばないで」と書いてありますね。

平凡な主婦から、病身の夫の後を継ぎ社長に転身。 借金3億の会社を年商23億の会社に育てられた 実績をお持ちです。 しかも、その忙しいであろう社長業の中に、 健康医科学博士、MBA行政書士宅建取引主任者など 様々な資格を取得されています。

本書では、80対20の法則に基づき今の仕事を分解し、 自分にしかできない仕事のみをし、 それ以外は依頼し、人を育てよう、という 大枠のストーリです。

大方の創業経営者と言うのは、 自分でなんでもやりたがるし、 出来るものですが、それをあえてやらない。任す。 そのマインドチェンジから方法論まで 書かれています。

面白かったのが、 社員やアルバイトは4つのタイプに分類できるとのこと。

・カメレオンタイプ ・かめさんタイプ ・先生タイプ ・経営者タイプ

そのタイプを見分け、その人に合わせて 仕事の依頼の仕方を工夫する。頷けます。

また任せるときは「イチ・ニッ・サン」で。

イチ・いちいち文句は言わない ニッ・にっこり笑顔で受け答え サン・サンキューの心を伝えること。

覚えやすいですね^^

また無機質なメールのやり取りでも、 P.Sを入れて自分らしさを伝えます。

・オフィスの近くに美味しい珈琲店を見つけました。今度ご一緒しましょう! ・○○さんのパワーが伝わるのですね、私やるき満々です! ・仕事が成功し、一緒の祝杯をあげるのが楽しみです!

いいですねいいですね^^

そして、実際に任せるときは

①なぜ貴方に任せたいかを説明する ②任せる内容を細分化し、任せる範囲を明確にする ③相手の意見を求める ④提案、意見は最大限受け入れる ⑤相手がこの仕事に対する能力を持っていることを再度伝え、  意欲を持って取り組めるようにする

というように、かなり時間をかけて コミュニケーションする必要があります。

最後の方には情報整理のことにも触れられています。

この30年間で世界が創りだした情報量は、 それ以前の5,000年間に創りだされた情報量より 多いと言われています。 あれこれファイリングしたりする癖がありましたが、 私もこの事を知ってから、一切ファイルするのをやめました。 雑誌類はバンバン捨てます。

というように、 自分しかできない仕事に集中するために どうすればいいか、という事を一冊通じて 理解が深まると思います。

最後について行きたく成る上司像。

・誰に対しても同じ態度で接する ・自らの失敗を素直に認める ・仕事の指示が的確で明確である ・部下に手柄を譲れる ・ほめてくれる ・押さえつけず、放っておかない ・ユーモアが有る ・レスポンスが早い ・責任を取る人 ・上の上司に意見できる人

臼井さん、良い本を有難うございました。

☆クエスト☆ 明日の仕事の予定で、貴方しかできない仕事は何ですか??