貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

他人は鏡 #0048

日曜日の午後。今日も今日とて修行である。

日常の何気ない会話においてでも、相手の反応が気に入らない場合は 自分のエゴである場合も多のでは?と考えてみる。

「そんな受け答えしなくても」 「なぜ責めるの?」 「それは喧嘩売ってるの?」

すべて自分の望んでいる型と、違うコミュニケーションへの 反発ではないのだろうか。

「相手はこう答えるべきだ」という自分の考えがなければ、 相手の言葉に悪意があろうとなかろうと、それはそれで「言葉」「音」としてだけ 受け取ればイイ。

その中身を解釈するのに 自分の中の情報と照らし合わせることも多い。

自分の気分が疑心暗鬼になっていれば、 相手の言葉もそういうふうにしか聞こえない。

自分がGOODな状態なら、たとえ相手の罵詈雑言も、 それなりのかわし方も出来る。

やはりコミュニケーションは、100%自分の責任だ。 相手が最初から反抗的なはずがない。 柔軟性を欠いた自分の話し方、そして相手との信頼関係の欠如。 つまり相手との信頼関係=自分の気分の処理がうまく出来ないときに、 こういう感情を伴った、つまらないコミュニケーションが 発生するようだ。

まさに人は鏡である。

☆今日の探求☆ 相手と話してて気持ちよかったなぁってどんな時でしたか??