貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

保存の必要性とは?

NAS(ネットワーク対応のハードディスク)が、 どんどん安くなってきました。 以前は4TBで15万円くらいしましたが、 今は3万円で買えます。

そこで、2007年の起業から8年間分のDesignのデータを 大きな容量のHDDに引っ越しをすることにしました。

現在は2TBを5つ繋げておりますが、 4TBを2つ設置し、更に、空になった2TBを活用しようと、 一昨日からデータ移行に勤しんでおります。

しかしながら。 Googleのストレージは、10TBで月間99.99ドル。 しかも強靭なバックアップ機能がついているので、 実はこちらに全てアップしたほうがいいのじゃないか… なんて考えております。

USB型フラッシュメモリやSDカードもどんどん安くなっていますね。 動画が主流となりつつある今、もしかすると、「保存する」ということが 必要無くなるんじゃないかな、なんて思ってます。 つまり再現力が上がる、というか。

例えば変な話。 私たちが生まれてきてから今日まで見たもの、聞いたものは 潜在意識に全て記憶されているという説もあります。 だから死に直面した時、走馬灯が~というのは、 助かる方法を探して、一気に過去の経験を検索しているから起こる現象、 なんだとか。

HDDが潜在意識だとすると、 「見つける力=検索力」「再現力」こそ大事になるような気がします。

は!また訳わからん話ししてますが…笑

だから、先ほどのGoogleストレージの件。 データが膨大になればなるほど、探しだすのに手間がかかりますから、 Google検索が利用できるとなると… 本当にクラウド化を考えても良さそうです。というオチ。

★今日のクエスト★ HDD移行を終える。