貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

淡々と桜のように??

土日に外泊すると、どうしても翌週のリズムを崩しがち。 その原因は、必ずやると決めていることを、 先延ばしにするからである。 であるなら、習慣は一日も例外な行く行う方がいい。 だから環境に依存せず、パソコンなどなくても続く習慣がいい。 だから持ち運びが可能な本、つまり読書なんだろうか。

外泊するとついつい酒を飲んだり、 いつもより静かな環境のせいか、深々と、 ヘタしたら10時間くらい寝たりする。

あー。これも俺なんだな、と思う反面、 常に淡々と当たり前に積み重ねる大切さを 知っているはずなのに、と葛藤。

先日読んだ 「女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法」は、 無期懲役囚の美達大和氏が、受験シーズンの兄弟に 人生で大切なことを文通で教える、 というストーリーの中に、 喧嘩や筋トレの仕方を教えたり、記憶法や集中力の付け方を 教えるなど示唆に富んだ内容です。

その中に(帯にも有りますが)

「したい人、10,000人」 「始める人、100人」 「続ける人、1人」

という言い回しがあります。 これなんですよね。極意は…。

「大事なのは絶対にうまくいかせる、と力むことではありません。小さなことをやり続けることです。 変な力みは逆効果です。存在しない不安や心配について悩んだり、時間を使ったりすることは無駄です。 桜のように淡々とやればよいのです」(P45)

桜の件をどのように解釈すればいいかわかりませんが、 淡々と続ける、それが面白くとも、なんとも思わなくとも。 とても賛成です。

続けられるものを日々続けていきたいものです。

☆クエスト☆ 続けている習慣、ありますか?

女子高生サヤカが学んだ「1万人に1人」の勉強法