読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

夜の看板効果?

ふと夜の道路を車で走っていて思ったこと。 店は閉まっているのに、看板は明々と点いている。 (恐らくタイマー設定で22:00とかには消えると思うが) 電気代と広告効果ってどっちが高いんだろう? そんな事を考えていた。

暗いところでは意識しないのに、 明かりが点いているだけで見てしまうのは、 人間も無視と同じように光に集まる習性があるんだろう。

虫が光に集まってくるのはなぜ?

年がら年中明るい場所では、それが景色になるけど、 田舎のコンビニはなぜかほっとする。

ずーっと昔のそのまた昔。 まだ世界が暗い時期があって、その時月明かりを 便りに暮らしていた名残なのかな、なんて ぼんやり考えていました。

以前東京赤坂のダイアログ・イン・ザ・ダークへ 行ったことが有る。 30分間、超暗闇。全く目が慣れることもなく、 すべての情報は匂いや触覚、聴覚のみが頼りになる空間。

もしあの闇で、一点でも光があったら、 どこが残念な気持ちと同時に、かなり気になってしょうがなかったはず。

人間にとって光がどれだけ大切か。 そして闇があるから光が有る。 光が有るから、闇が有る。

なんだか…な話になりましたが、 暗いエリアでは、夜の看板効果は かなり絶大だよな、なんて結論づけましたとさ。

★今日のクエスト★ 溜まった本を2冊読む~♪