貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

学びアップデート #0167

7つの習慣。 スティーブン・コヴィー博士の名著で 自己啓発系の代表的な一冊ですね。 10年前、脳内出血で倒れた母親の付き添いで 病院に泊まりこんでた時に読みました。

その頃、本を読む習慣はほとんどなく、 なのにいきなり400ページ超の大作に、一日数ページずつ 読み進めた記憶があります。

ここ最近読み返すことがあり、 まったく初めて読むような感覚に驚いております。

思うに、本や映画は自分の抱えている問題や、 大切にしている価値観に沿って 内容を受け取ろうとするので、 10年前の自分とは違う受け取り方をする、ということは 成長したのかな、または、視野が広がったのかな、と いいように解釈しています。

松山千春さんの「大空と大地の中で」という曲がありますが、 この歌詞の中には、 「吹きすさぶ 北風に」 「野に育つ花ならば 力の限り生きてやれ」 など、メタファーがたくさん出てきます。

辛い時にこの曲を聞くと、 「自分が北風の中凍えている、しかし耐え時、頑張ろう!」と思うし、 元気な時に聞くと 「広い大地や大空のようにのびのび頑張ろう」! と思えてくるわけです。

本や映画も多分にそういうところが あるんではないでしょうか?

つまり自分の心の投影ですよね。

ということは、昔の自分が得た学びも、 状況や時代が変われば、チューニング、 アップデートしていかなければ いけないですよね。

成長した自分に、10年前の、自分を守るために身につけた 価値観でいては、柔軟ではない。

恐らくこの文章も、 人によっては受け取り方が違うと思います。

つまりは自分がどう思おうか、どう在りたいか、 その追求が自己啓発なんだと思います。

☆クエスト☆ 昔読んで感動した本、もう一度読み返してみませんか??