岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

広告づくり、大事なところは?

SNSやメルマガで毎日色んな情報を見るようになると、 そして、その情報(広告)が、どういう仕掛けをしているかに 注目してみると、上手い広告、下手な広告の ポイントが少しづつわかるようになってきます。

大事なのは一貫性。

どんなにポイントポイントのクリエイティブが 優れていても、その商品や会社の コアとズレている広告は、「ただの露出」に なっているものも少なく有りません。

いまはFacebook広告など、 個人をかなり絞り込んで「峡告」することが 出来るようになりました。

ユーザーとの接点である広告。 自社をどのように知っていただきたいか、 どのように思われたいか。

やはり広告担当者は、 会社・サービスのソース(源泉)から しっかりヒアリングする必要があると 改めて感じております。

そして、そういったヒアリングや コンセプトの明確化は、時間を掛けるところ。

お客様に寄り添って、 色んな角度の質問をして。

広告づくりで最も大事なのは、 一番最初だよなぁと最近つくづく実感しております。

★今日のクエスト★ お客様との最初の時間を特に意識する。