岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

意味や目的は本当に必要か?

人間は目的や意味がないことを嫌う。 終着点がわからないから不安なのかもしれない。

だからなんでも「これは、こういうもの」と定義し、 定義されたことに安心して飛びつこうとする。

しかしどうだろう。 携帯にボタンなんて要らない、と定義を 覆したスティーブ・ジョブズさん。 大量モデムの購入で、通信インフラコストの常識を 覆した孫社長

世の中の人に役に立つ、ということは、 この常識を壊すことにあるのかも知れない。

今思っている常識を壊そう。 そしてそこに新たな価値を見出そう。

そして、このリフレーミングは 個人的にも効く。 辛い時期には「夜明け前が一番暗い」という 言葉を投げかけると希望が湧くように。

世の中のものはもともと全て存在する。 組み合わせや意味付けの世界。

そして全てのことに、もともと意味も目的もなんてないはず。 だから、こうなったらいいなぁという願いが目的を生み出す。

意味のないことから意味を見出すことが、 実は最も人間らしい活動かもしれない。

★今日のクエスト★ 疑う、そして、壊す。