貴方が本質的に輝き出す広告とブランディングパートナーの視点

岡山・広島・神戸・東京を拠点とする広告会社、ヤマト広告馬庭直人の毎日ブログマラソン。

意志とは関係なく…?(流星ワゴン)

涙がでる。

意志ではコントロールできないことに、 人生の豊かさを感じます。

色んな意味の涙があると思いますが、 悲しい時、うれしい時だけでは無いと思います。

昨日、「流星ワゴン」">流星ワゴンという、重松清さんの 小説を読んで泣いておりました、しかも結構な勢いで。

人生につかれ、死を思う38歳の主人公と、その父親、家族が 「後悔」の始まる人生のポイントに再訪する、しかも 幽霊の運転するオデッセイに乗って・・・ という、ストーリーですが 読んでいる途中から涙が止まらなくなり…。

そして、自己観察してみると、 登場人物に感情移入したといえ、 自分は「悲しい」から泣くのか。 よく分からず泣いておりました。

自分の意志とは関係なく、涙がでる。

つまり、その本の中の材料に、身体が勝手に反応する、 身体を反応させる何かが自分の中にあるんだと思う。

読む人によって、 まったく涙がでない人もいるだろうし。

つまりこうだ。 自分が泣いた時も、 笑った時も、うれしい時も。

自分の意志でコントロールできないことに、 私は豊かさを感じているのかも知れない。

この流星ワゴン、TV化されるようですね。 なんとまぁ、というタイミングです。