読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡山・広島の企業と社長をもっと輝かせる広告屋の視点

岡山・広島の広告会社に勤務する馬庭直人の毎日ブログマラソン。

文章と心の状態?

心の状態は、言葉の使い方で見えてくる。 そんな話。

「○○してみようと思います」 「確認してみます」 といった、どこかボカした 切り返しをしてしまう事があります。

自分の場合、このブログを見返すと、 時期によって言葉尻が異なることに気付きます。

回避したい事にとりかかっているときは、 上記のような、どこかボケた、抽象的で曖昧な言葉を使っております。

やる気満々の時は、断定的な、ハキハキとした 言葉、単語を使っております。

そして、やる気満々の時は、 ボケた言葉に出くわすと、イライラしてしまうもの。 つい、「そんなんじゃダメだって、元気だしなよ」って 言ってしまいがちですが…。

以前学んだプロファイリングで、 他人のメール文章や言葉で、その人の心の状態を 察知し、その状態にペースを合わせていくことを 学びました。

相手もその状況で「100%全力と」いう前提だと考えれば、 まずは相手にペースを合わせて、リーティングしていく手順を 間違えては致命傷になります。

実際、私自身、何度もこれをやってしまい、 不快な思いをさせたこととでしょう。

コミュニケーションテクニックと言われなくても、 コミュニケーション上手な人は、常に相手にペースを 合わせることを知っています。

泣いている子供には屈んで話すし、 赤ちゃんには、意味不明ですが赤ちゃん言葉を使う。

本当の目的はなんだろう? その仕事を完遂することですね。

だから、目的達成のためには、相手のポテンシャルを 引き出すための上手なコミュニケーションも、仕事の一つなんですね。

もっと人を観察し、 そして自分の使っている言葉にも 注目して「みたいと思います」。

☆今日のクエスト☆ 自分の文章の癖はありますか?